色んなアンサー

色んなアンサー

色んな分野において私なりの答えを出していくブログ。

MENU

メニエール病との戦い

先日、約4年ぶりとなる「メニエール病」を再発しそうになりました。

 

f:id:naoraou:20200614213006j:plain


メニエール病とは・・・

 

めまいが酷くて動けないし嘔吐の繰り返しです。最初になった時は「このまま死んでしまうのか?」と思ったくらいでした。ちなみに国の指定難病だそうです(-_-;)

 

詳しくは ↓↓↓

 

www.naoraou.com

 

 

朝起きると「ボッボッボッ」と左耳の方から脈打つ音(耳鳴り)が聞こえてきたのです。「うわ(-_-;)またか⁉」と。幸い過去に3回程患っていた経験がある私は、冷静でいられる事ができました。そこで「このままではいずれメニエール病を再発してしまうのでは⁉」と思った私は、以前に医者から貰っていたアデホスコーワ顆粒(めまいに効く薬)を飲んで会社へと向かったのでした。

 

そして、車通勤なので運転に不安を抱えながらも無事に会社に着くことが出来ました。薬が効いていたのかも知れませんね。ただ、以前として左耳から聞こえる耳鳴りは止みませんでした。今は大丈夫だけどこのまま耳鳴りが続けば・・・と不安になった私は、会社に申告して最寄りの耳鼻科で診察してもらう事に。

 

そこで医者に言われたメニエール病にかかりやすい要因をいくつか紹介していきたいと思います。誰に(特に女性)でもなる可能性があるので知っといて損はないはずです。

 

目次

 

 

リンパ管

f:id:naoraou:20200614213057j:plain


体の至るところにある「リンパ管」・・・。よく聞く言葉として癌がリンパ管を通って他の臓器に転移したりとかですかね。そして、今回注目したいのは、その中でも特にリンパ管が集中している首の部分です。首が凝ったり筋肉痛になってしまうと血流が悪くなってしまうのですが・・・。

 

その血流が悪くなってしまうとメニエール病の最大要因とされる「内リンパ水腫」に結びつきやすくなってしまうのです。

 

なので、日ごろから首と後頭部の付け根あたりを軽くマッサージするだとか耳の裏側を蒸しタオルか温かいお湯をあてるなんかして血流をよくしておいた方が良いかもしれません。

 

日々のストレス

 

やはり、ストレスもメニエール病に深く関係しているようですね。とは、言ってもストレスは誰にでも必ずあります。人間生きているだけでもストレスが溜まると言われるくらいですもんね。

 

要は、ストレスとどうやって向き合っていくかという事です。わかりやすく言うとどれだけ嫌な事を忘れられてどれだけ楽しめるかという事です。そこで直結してくるのが新しい「趣味」の開拓だとか、自分の「好きな事」をやる時間を増やすなど・・・です。

 

趣味も時間も作るのは大変ですが、うまくストレスと向き合っていくライフスタイルを築いていきたいですね。

 

気圧の変化

 

季節毎の気圧の変化にもメニエールは関係しているようです。

 

特に春を迎える3月、夏を迎える6月、秋を迎える9月、冬を迎える12月なんかは寒暖差が激しい時期で注意した方がよさそうです。また、水分不足によって代謝が悪くなる事も関係しているみたいなので乾燥する季節の起床時なんかは喉が渇きやすいので要注意です。めまいは起床時に起きやすい事もあります。

 

なので、寝る前にスポーツ飲料もしくは麦茶をコップに一杯、起きた時もコップに一杯飲むように習慣付けた方が良いかもしれません。

 

なりやすい性格

 

上記にストレスがメニエールにも関係していると伝えましたが、どうやら性格も関係しているようです。

 

特に「几帳面な性格」であったり「神経質な性格」の人は、なりやすいそうです。これらもストレスに結びつく一環とも言えますが。でも基本的に考えて性格を変える事なんてほぼ無理と言っても良いですよね。

 

こればかりは、日ごろから注意して生活するしかないというほかありません。

 

あとは、喫煙も血流を悪くするので良くないです。飲酒に関しては、飲みすぎなければ大丈夫だそうですが。

 

以上となります。

 

最後に・・・なったらなったでもはや悪夢でしかないので皆さんに災いが降りかからないためにも日常生活において少しでも不安がおありになるならば見直しておいた方が無難である事だけ念頭に入れて置いて下さい<(_ _)>

 

www.naoraou.com

※めまいの前記事