色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

大ヒット作「項羽と劉邦 Kings War」 第73・74・75話を斬る

※目次

 

最後の戦い編・・・。

 

f:id:naoraou:20190911210739j:plain


 

第73話 劉邦、射られる

f:id:naoraou:20191128205555j:plain

※呂雉
 

深い谷を挟んで両軍睨みあう楚と漢。項羽によって激しく煮えたぎる釜の前に自分の父親を突き出された光景を目にした劉邦は、深く動揺をきたしながらも項羽の脅しに屈しません。そこで項羽は、次の手として「我ら2人のせいでこの天下を乱してしまっている。ここはお前と俺との一騎打ちで雌雄を決し、天下を正そうではないか?」と劉邦に持ち掛けたのでした。

 

すると、劉邦は「雌雄を決するのは、武ではなく知恵で決しよう」と反論してきたので項羽のイライラが頂点に達してしまうのでした。何とかして劉邦を殺したいと願う項羽は、ここで一計を弄します。再び、話し合いたいと劉邦をおびき寄せ、隠し持っていた弓で劉邦を射殺してしまおうと。そしてこの策が功を奏し、自分の放った矢が劉邦の胸に突き刺さったのでした。

 

項羽の矢を受けた劉邦は、激しい激痛に襲われながらも軍全体に動揺をきたさない為に「惜しかったな!お前の矢は、俺のカカトを直撃しただけだぞ!痛くも痒くもないわ」と言ってその場を後にしますが、実はそれが瀕死の重傷となってしまうのです。それから、幾日立っても目を醒まさない劉邦。挙句の果てには、関中から蕭何(ショウカ)と劉邦の危篤を知った戚夫人が自分の息子・如意を太子にしてもらうべく劉邦の陣営に訪れてきたのでした。

 

一方、楚の陣営でも項羽の矢を受けてから静まり返る漢の陣営を見て鐘離眜(ショウリバツ)が「劉邦が重傷なのでは?」と勘繰り、独断で漢の陣営に奇襲を掛けますが事前に襲来を予想していた張良によって撃退されてしまいます。敗れた鐘離眜は、項羽に叱責され罷免されそうになりますが、虞子期や季布らが間に入ってくれたので処分を免れます。しかし、この戦で慎重になり過ぎた項羽のせいで劉邦が瀕死の重傷を負っているといった千載一遇のチャンスにも関わらず、項羽はそれを逃してしまうのでした。

 

第74話 迫られる決断 

f:id:naoraou:20191128205703j:plain

※虞姫
 

張良の読みによって鐘離眜の奇襲を撃退した功績は大きく、劉邦が回復するまでの時間稼ぎとなったのでした。しかし、それでも一向に目覚めようとしない劉邦。漢内部で味方のいない戚夫人も如意を太子にすべく焦り始め、蕭何に「今すぐ太子を決めるべきです!」と発言してしまいます。

 

それを見た呂雉派である盧綰(ロワン)や樊噲(ハンカイ)らは、戚夫人のとった行動が面白くありません。やがて我慢の限界に達した盧綰は「お前は、本当に漢王の身を案じているのか?もし、このまま王様が目覚めなかったらお前を真っ先に殺してやる!」と戚夫人に言ったのでした。こうして劉邦の跡目争いで内輪揉めが続く中、一人の女性が立ち上がります。劉邦の身の回りをお世話している薄姫でした。「今、そんな事よりも王様の命でしょ!」と。

 

そして、医者から劉邦の胸に突き刺さっている矢を抜き取れば7割の確率で助かると告げられた薄姫は、独断で劉邦の胸から矢を抜き取ったのでした。もし、それが原因で死んでしまったら・・・薄姫の思い切った決断です。その後、薄姫の決断が劉邦の回復を呼び込み、目を醒ました劉邦が薄姫に感謝を伝えたのでした。

 

第75話 楚への寝返り

 

一方、斉を治める韓信は項羽と劉邦が戦っているのをただ黙って静観しておりました。配下の曹参らに「何故、漢王に助太刀しないのか?」と問われても「今、戦っても項羽に負けるだけだ!」と言って韓信は軽く流し、項羽を攻め滅ぼすべく時期の到来を待っていたのでした。

 

梁の彭越もそんな韓信の考えを見通しているかの如く劉邦の出兵要請を断ります。勝てる見込みのない戦をしない韓信と利の無い戦をしない彭越。劉邦もそんな2人の性格を知っているだけあって深く溜息をつくだけに終わってしまいますがそこで劉邦は、ふと一計を閃きます。矢傷が元で生死を彷徨っている時に盧綰(ロワン)が戚夫人に「殺してやる!」と痛烈な言葉を浴びせていた事を知った劉邦は、盧綰を呼んで鞭打ち百叩きの刑に処したのでした。

 

その後、劉邦の処遇に不満を抱いた盧綰は項羽に投降してしまいます。そして、劉邦の幼馴染で旗揚げ当初から付き従ってきた盧綰の投降を当初は疑った項羽でしたが、盧綰の懸命な演技によって信じ込んでしまい、自らの配下にしたのです。やがて項羽の側近となった盧綰は「劉邦の太子が決まっていない。このまま楚と漢とで混着を続けていれば必ず数年の内に漢内部で大きな跡目争いが起こる」と項羽に進言し、その気にさせたのでした。その後、盧綰の進言を取り入れた項羽は漢と数年間、戦を起こさないよう和睦を結ぶために叔父の項伯を漢陣営へと赴かせたのでした。

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の前記事

 

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の次記事