色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

映画「リミット・オブ・アサシン」の見どころ

※目次

 

こちらの映画は、大ヒット映画「ジョン・ウィック」シリーズの制作陣が手掛けた迫力あるキリング・アクション作品となっております。

 

主演は、ハリウッドのイケメン俳優であるイーサン・ホーク。とにかくダンディーでエロくてカッコいいです。戦友とお酒を飲むシーンなんかは、特にやばいです( ゚Д゚)グラスを片手に戦友と語り合うシーンやお酒を戦友とラッパ飲みする姿は必見。

 

f:id:naoraou:20190504210054j:plain


映画の見どころとしては、ジョン・ウィックシリーズでお馴染みのキアヌ・リーヴスに負けるとも劣らない華麗なガンアクション24時間と決められた制限時間の中で数々の修羅場を掻い潜っていくイーサン・ホークの表現力にあると思われます。

 

<個人評価点>

満足度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆星7

<記事読了時間>

約5分 

 

※1部ネタバレ有り

 

自暴自棄の生活

 

南アフリカとナミビアの国境にある入国管理所にて突然、銃撃戦が始まります。それはある重大機密を握っている1人の男Aを巡っての攻防戦でした。この時、その男Aのボディーガードをしていた東洋人女性・リン(シュイ・チン)が孤軍奮闘したおかげで男Aは、銃撃戦から生き延びる事が出来たのですが・・・。

 

f:id:naoraou:20190504210156j:plain


変わってアメリカのとある海岸で2人の男が釣りをしておりました。その2人とは、トラヴィス(イーサン・ホーク)と亡き妻の父親(トラヴィスにとっては、義理の父)でした。トラヴィスは、自分の仕事のせいで妻と息子を失ってしまい、自暴自棄の生活を送っておりました。

 

そんなトラヴィスに義父は「お前は、魂が無いから魚が寄ってこない」と言いました。魚もそんなトラヴィスを見透かしたかのように竿に喰いついてくれません。でも、義父はそんなトラヴィスを気遣い「妻子の事は気にするな。仕方が無かったんだ」と励まします。

 

レッド・マウンテン

f:id:naoraou:20190504210218j:plain


そんなある日、とある酒場でレッド・マウンテンと呼ばれる機密組織に所属する元戦友のジム(ポール・アンダーソン)という男から殺しの仕事を依頼されます。暗殺業から足を洗いたいトラヴィスは、始めはその依頼を断ったのですがジムから提示された破格の成功報酬を聞いて仕事を引き受けたのでした。

 

その依頼とは、レッド・マウンテンの機密情報を入手した男Aを抹殺して欲しいという内容でした。また、ナミビアの入国管理所で男Aの殺しの邪魔をされたインターポール(国連警察)所属のリンという女を先に始末する必要があるとも言われます。トラヴィスは、まずリンの弱点を探しリンの1人息子が中国・香港にいるという情報を掴み取り、1人香港へと飛び立ったのでした。

 

トラヴィスは、早速リンの自宅へと訪問します。アメリカの学生時代の友達という設定で。そして、リンは不在でしたが1人息子との接触に成功します。その後、南アフリカへと飛び立ったトラヴィスは、香港行の便を待つリンと出会いそこで意気投合し、持ち前の甘いマスクを武器にリンを口説いて一夜を共にしたのでした。

 

蘇生

f:id:naoraou:20190504210308j:plain


迎えた朝、シャワーを浴びるリンを持っていた拳銃で撃ち殺そうとしますが、亡き妻子が脳裏に浮かんできたことでその罪悪感からか思い留まるのでした。そして、1人でホテルを抜け出しジムに電話を繋げるトラヴィス。

 

すると、後ろから「待ちなさい!」と声を掛けられます。銃をこちらに向けて威嚇するリンでした。ここで2人は、銃撃戦を繰り広げる事となります。そして、軍配が上がったのがリンでした。トラヴィスは、リンに心臓を撃ち抜かれ殺されてしまうのです。

f:id:naoraou:20190504210343j:plain


妻子が突然浮かび上がる回想シーン。俺は、死んだのか?ふと目が覚めるとそこは病院の中でした。死んだはずの自分が蘇生したのです。何故、蘇生されたのか?それは、男Aの情報とリンの情報を自分から聞き出す為の蘇生だったのです。そして、ジムとレッド・マウンテンの黒幕に全てを打ち明け、用済みとなったトラヴィスは2人に見捨てられてしまいます。

 

また、レッド・マウンテンの秘密裏で行われていた人体実験による蘇生法を知ったトラヴィスは、その人体実験によって生じたおびただしい犠牲者の存在も知る事となり、これを阻止しなければならないという使命感に包まれます。さらに、蘇生は一時的なモノで24時間を経過すると死んでしまうとその場にいた女医から言われ、自分の腕に残り時間が刻まれたデジタル時計が内臓されていたのでした。

 

メモリーカード

 

男Aとリンは、人体実験を行っているレッド・マウンテンの実情をメディアを使って世間に訴える算段でした。トラヴィスから男Aとリンの場所を聞いたジムは、それを阻止する為に戦闘部隊を率いて報道局を急襲します。絶対絶命の2人。そこに車に乗って猛スピードで駆け付けてきた1人の救世主がいました。全てを知ったトラヴィスです。

 

1度は殺された人間と殺した人間とで車内でいざこざを起こすトラヴィスとリンでしたが、迫りくる追っ手との激しいカーチェイスによって次第に打ち解けていきます。後ろから激しく撃ち立てられる車内。ついに、ジムの放った一撃が男Aにクリーンヒットしてしまい、男Aは死んでしまいます。そこでリンは、男Aが持っていたレッド・マウンテンの機密情報が詰まっているメモリーカードを入手しました。

 

f:id:naoraou:20190504210422j:plain


「メモリーカードをよこせ!」とジムから要求されたトラヴィスとリン。もちろん、2人はそんな要求に応じるはずもなくメモリーカードを死守しました。それに痺れを切らしたジムは黒幕と共謀してある作戦を企てます。それは、リンの1人息子を人質にする作戦でした。リンは、あまりの絶望感で正気を無くしてしまいます。トラヴィスに残された時間も刻一刻と過ぎていきます。ここでトラヴィスは、悲壮の決意を胸に思い切った行動に出るのでした。

 

果たして、元戦友であるジムとの決着の行方は如何に⁉リンの息子を無事に生還させる事が出来るのか⁉後に明かされるジムの苦悩とは⁉己の死を掛けたトラヴィスの激しいバトルがここに始まります( ゚Д゚)

 

 

www.naoraou.com

※類似映画の前記事