色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

映画「億男」の見どころ

※目次

 

こちらの映画は、我々が普段使っているお金とは一体何なのか?を考えさせられる作品となっております。

 

f:id:naoraou:20190608195246j:plain


莫大な借金の連帯保証人となっていた主人公の一男(佐藤健)は、その借金した人間が失踪した事により借金を肩代わりしておりました。その額は、3千万円。終わりの見えない借金返済の日々、愛する妻と娘との別居、朝は図書館勤務で夜はパン工場で掛け持ちと途方もない生活を送る一男。そんなある日、一男が宝くじに当選して3億円を手にしたのでした。

 

「これで借金を返済し、妻と娘が自分の元に戻ってくる」と気持ちを高ぶらせた一男でしたがその反面、ネットや雑誌に書かれていた宝くじに当選した人間達の失敗した末路を目にすると3億円という大金が怖くなってしまい、正しい使い方も分かりませんでした。そこで彼は、大学時代の親友で現在はビジネスで大成功した億万長者の九十九(高橋一生)の元へと訪れ、3億円の使い方を教わりに行ったのでした。ところが・・・。

 

<個人評価点>

満足度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆星7

<記事読了時間>

約4分 

 

※1部ネタバレ有り

 

消えた3億円

f:id:naoraou:20190608195314j:plain


10年ぶりに再会した一男と九十九は、たくさんの人をダンスホールに集め豪勢に遊んでおりました。今まで借金に苦しめられていた一男は、いきなり手にした3億円で解放された気分となりテンションもアゲアゲでした。

 

そして、九十九が進めるがままお酒を飲みまくり調子に乗り過ぎて意識を失ってしまいます。迎えた朝、誰もいなくなったホールで目を覚ます一男。周りには、投げ捨てられた1万円札が散らばっておりました。起き上がった一男は、九十九を探します。

 

f:id:naoraou:20190608195338j:plain


しかし、九十九はいませんでした。また、3億円が入っていた2つのバッグを見つけ中身を覗くと空っぽになっていたのです。消えた3億円。焦った一男は、携帯で九十九に電話しますが繋がりません。そこで昨日のダンスホールにてLINE交換したあきら(池田イライザ)という女に九十九の行方を知っているかを確認したのでした。

 

元ビジネスパートナー

f:id:naoraou:20190608195414j:plain


あきらと接触し、九十九が立ち上げたネット物販系の会社(バイカム)で九十九の元ビジネスパートナーである百々瀬(北村一輝)を紹介されます。彼は、卓越したITエンジニアでもあり、大の競馬好きでした。「九十九に3億円を奪われた!」と一男から聞いた百々瀬は、あまり関心を抱かず競馬を楽しみます。

 

九十九の手がかりを掴めず空振りに終わったと思った一男でしたが、百々瀬とフェイスブックで友達になり、その人脈から九十九のもう一人の元ビジネスパートナーであった千住(藤原竜也)という男と繋がり、接触する事に成功します。千住の現在は、セミナーやコンサルタントを重点に置いたビジネスアドバイザーでした。また、バイカムを成功させた1人の実業家という名声を利用して悪徳商売も行っていたのです。

 

f:id:naoraou:20190608195443j:plain


その名も「ミリオネアニューワールド」。表向きは、人を決起させるモノでしたが実際は、適当なうんちくを並べて人からお金を巻きあげているだけのモノです。嫌気が差した一男は、その場から立ち去ろうとしますが千住からバイカムで九十九の元秘書であった安田(沢尻エリカ)という女を紹介されたのでした。

 

離婚を迫られてしまう

f:id:naoraou:20190608195524j:plain


こうして九十九を探し続ける一男でしたが、妻の万左子(黒木華)と娘にも度々会っておりました。また、自分が宝くじで3億円当選した事も万左子に伝えます。しかし、喜んでくれるのかと思いきや万左子から思いもしなかった事が。離婚を迫られてしまうのです。借金を抱えてからお金の事しか頭にない一男、娘が好きなバレエに対して「お金が無いからバレエを辞めさせろ!」と一男が言った事が原因でした。

 

絶望する一男でしたが、そのまま立ち去っていく万左子をただ見守るだけでした。その後、千住から紹介された安田の元へと訪れます。安田は、バイカムの株を売却し10億円の資産と共に公営住宅で質素な生活を送っておりました。

 

f:id:naoraou:20190608195546j:plain


現在の夫は、お金に全く興味のない人だそうです。お金で女を買おうとする男達に囲まれていた安田にとってそれが逆に新鮮で幸せな毎日を送る事が出来ていると言われるのでした。しかし、ここでも九十九の手がかりが掴めません。そんな中、以前九十九とモロッコ旅行した時の思い出が突然一男の脳裏によぎるのでした。

 

九十九を信じぬく

 

今まで自分が忘れていた九十九の一面がそこにはありました。モロッコのホテル探しに奔走する一男と九十九、一男が突然の発作に倒れて九十九に面倒をかけた事、炎天下の砂漠の中で落語をする九十九、そして九十九が大学を中退して会社を立ち上げる事を決断した本当の理由を・・・。

 

f:id:naoraou:20190608195619j:plain


九十九がバイカムを立ち上げた理由は、金儲けの為ではなく「お金の本当の意味を知りたい」でした。この九十九とのモロッコ旅行で数々の出来事を思い出した一男は、「九十九がお金を盗む訳がない!何かきっと理由があるんだ!」と九十九を信じぬく事に決めたのです。

 

そして、地下鉄に乗る一男の前に今まで必死で探していた九十九が突然目の前に現れたのでした。彼は、何故現れたのか?また、今まで何をしていたのか?そのカギとなるのは、2人が大学時代の落語サークルに入っていた「芝浜」という九十九の落語に関係していたのです( ゚Д゚)

 

 

www.naoraou.com

※おススメ邦画の前記事