content="width=device-width, initial-scale=1">ice-width">

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

怖い話「ラジオ体操」

※目次

 

小さい頃の夏休みの1つとして「ラジオ体操」に毎朝通うと

いったモノがありました。地域によって違うのかもしれませ

んが自分がいた地区では、ラジオ体操第2までやってました

ね。そして、学校に提出する為に必要なラジオ体操に参加し

た証であるハンコを毎朝もらってました。

 

今となっては良い思い出ですが毎朝早朝でしたので、正直し

んどかったです。それと私にとってもう1つの思い出となる

な出来事があったのです。

 

f:id:naoraou:20180925210912p:plain

 

これは、私の目の前で友達が実体験した事を話すモノであり

嘘・偽りはございません。それを証明する映像はないんです

けどね・・・。

ってな所で、実際あったラジオ体操での話をしたいと思いま

す。

 

当時の友達・哲雄(てつお)洋司(ひろし)

 

私が当時小学校3年生の時でした。

学校も夏休みに入り、普段通り面倒臭いラジオ体操に通って

いた時の事です。私はいつも同級生の友達である哲雄と洋司

(現在は疎遠)の3人でラジオ体操に通っており、私の家が

ラジオ体操が行われる公園の近くであった為、いつも私の家

で待ち合わせしてからラジオ体操に参加しておりました。

 

しかし、ラジオ体操とはいえ真面目にやっている人達は、ど

っかのじいさんとばあさん、どっかのおっさんとおばちゃん

程度で、私達若い衆はハンコが欲しいだけで参加していてほ

とんどが公園の砂場かジャングルジムなんかでさぼっており

ました。

 

f:id:naoraou:20180925210957j:plain

 

巷で有名な霊感の強い東森親子

 

ラジオ体操も第2まで終わり、砂場の隅でボケーっと座って

いた私達3人が、さぁハンコを貰いに行こうと思って立ち上

がったその時・・・。

 

友達の1人である哲雄が変な事を言い出します。

「お前何て言ったの?」哲雄「あのおばちゃんと女の子が

2人して・・・何かあれ見たらダメだとか何か言ってる」

言ったので、私ともう1人の友達である洋司は耳を凝らして

2人の話を聞いたのでした。

 

おばちゃんは指差しながら「ちかちゃん!あそこにいる人見

たらダメだよ」ちかちゃん「わかった!おかあさん」と。

その2人は、巷で有名な霊感の強い親子・東森おばちゃんと

その娘である千佳子だったのです。

 

哲雄が言う「白いおばあちゃん」

 

私は、生まれて幽霊など見た事もなく幽霊を信じる人間では

なかったので「何を言ってんだあいつら」といって小馬鹿に

しておりました。しかし、哲雄は何かに取りつかれたかのよ

うにある方向をずっと凝視しておりました。それはおばちゃ

んが指を差していた場所です。

 

私も哲雄に釣られ同じ場所を見ましたが、そこにはベンチし

かなく人はおろか特に気になる点もありませんでした。

するとフッといきなり哲雄の目の先30センチくらい前に白

いおばあちゃんが現れ、笑いながら「わたし見えたの?」

喋ってきたのでした。

 

私と洋司は哲雄に「おい!しっかりしろ!」と言いますが、

哲雄はガチガチ震えたままで応答もなく、後から聞いた話に

よると金縛りになってしまっていたそうです。

 

東森のおばちゃんに庇われる

 

ちょうどその時、東森のおばちゃんとちかちゃんが恐ろしい

形相でこちらを見ていた事が凄く衝撃的でした。哲雄の事も

そうですが、その2人の形相を見て私は思わずゾッとしてし

いましたね。

 

そして、東森親子はすかさず哲雄の元へ駆けつけおばちゃん

は哲雄を庇いながら「見えてません!あっちへ行って!南無

阿弥陀仏!南無阿弥陀仏!」と言っていたのが,私の脳裏に

今でも焼き付いております。

 

しばらくして正気を取り戻した哲雄は、東森のおばちゃんに

「次からは気を付けるんだよ!」と言われ、無事に済んだの

でした。

 

私は、哲雄の言う白いおばあちゃんを見れたわけではないん

ですけど、実際目の前でこんなことがあったら幽霊の存在を

信じるほかなりません。

 

その白いおばあちゃんは一体何だったのでしょうか( ゚Д゚)

そして、もし哲雄が「見えてる」と答えていたらどうなって

いたのでしょうか( ゚Д゚)謎は深まるばかりです。