色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

映画「処刑人」の見どころ

※目次

 

こちらの映画は、敬虔なカトリック信者2人による世に蔓延る「悪人達」を神の導きの元、抹殺していくバイオレンスアクション作品となります。

 

ダブル主演であるマクマナス兄弟を演じるは、兄コナー・マクマナス(ショーン・パトリック・フラナリー)と弟マーフィー・マクマナス(ノーマン・リーダス)となっております。

 

f:id:naoraou:20190117212900j:plain


この映画の見どころとしては、仲の良いマクマナス兄弟が魅せる息の合ったコンビネーションや殺人シーン、そして、怪優であるFBI捜査官のポール・スメッカー(ウィレム・デフォー)抜群のプロファイリング術と演技力でしょう。ちょっと話が反れてしまいますが、デフォーは私の好きなケヴィン・ベーコンに少し似てるんです(笑)

 

※1部ネタバレ有り

 

カトリック信者

 

ボストンのとある教会で神父の話を聞くコナーマーフィーのマクマナス兄弟。彼らはアイルランド系のカトリック信者でした。また、兄弟共にボストン郊外にある精肉工場で働き、同じ職場で働く人間達や交友関係から絶大なる人気を誇っておりました。

 

f:id:naoraou:20190117212937j:plain

 

そんなある日、行きつけのバーで仲間達と談笑中にマスターから「ロシアンマフィアに店をたため!」と脅されている事を知ります。実は、このバーはロシアンマフィアが経営するビルの一室を借りていたのです。そして、馴染みのイタリアンマフィアであるロッコという男と合流した後に・・・。

 

バーに問題のロシアンマフィア達が現れ、彼らから「早く店をたため!」と催促されるのでした。ここで、マクマナス兄弟とロシアンマフィア達によるバトルが始まり、マクマナス兄弟はバーを出た路地裏で自ら信ずるカトリック教の導きの元、悪人であるマフィア2人を殺害してしまうのでした。

 

無罪で釈放

 

翌朝、ロシアンマフィア2人の死体の元へ地元警察達が現場検証を開始します。すると後方からスーツを着たロン毛の男が現れます。その男とは、敏腕で知られるFBI捜査官のスメッカーでした。

 

f:id:naoraou:20190117213017j:plain

 

「この殺害は、大男の仕業である」と推理する地元警察に飽きれたスメッカーは、推理した男を子供扱いし、パシリにします。また、得意のプロファイリング術を駆使したスメッカーは、犯人の行動と心理を分析して殺害現場にあった銃創を発見し、殺害は2人によるモノであったと推理します。

 

その後、足が割れたマクマナス兄弟は警察署へ出頭し、スメッカーに尋問されます。5ヵ国語をスラスラと喋るマクマナス兄弟に驚愕したスメッカーでしたが、マクマナス兄弟もスメッカーの鋭い洞察力と推理力に「このスメッカーというおっさんは、かなりのキレ者だ!」と一目置いたのでした。結局、マクマナス兄弟は正当防衛に当たるとし、無罪で釈放される事となります。

 

「処刑人」として

 

ロシアンマフィア2人を殺害したマクマナス兄弟でしたが、世間では「悪人を懲らしめた兄弟」としてヒーロー扱いされるのでした。また、警察署で就寝中に見た夢の中において「悪人は、殺しても構わない」と神からの啓示を受けます。そして、敬虔なカトリック信者である兄弟はこの時から悪人を成敗する「処刑人」として本格的に始動していく事となるのでした。

 

そして、殺害したロシアンマフィアのボスの集合場所を掴んだマクマナス兄弟は、マフィアが所有していた武器庫へと潜入し、そこで強力な武器を入手します。また、映画のワンシーンにやたらと拘る兄・コナーの要望もあって「ロープ」も武器庫で追加入手するのでした。

 

その後、ボスの元へと向かったマクマナス兄弟は通気口からボスの部屋へと潜入を試みますが、まるで子供のじゃれ合いのように部屋への登場シーンに拘る兄と弟で喧嘩をしてしまい、その衝撃で通気口に穴が開いてしまった2人は、落下してしまう・・・と思いきや兄が入手したロープが偶然2人の足に絡まり、宙づりになってしまいます。しかし、2人はまるでメリーゴーランドのように旋回し、鮮やかにボスを含めたマフィア達を銃で処刑していくのでした。

 

f:id:naoraou:20190117213103j:plain


 

殺戮兵器が解き放たれる

 

ロシアンマフィアのボスを仕留めたマクマナス兄弟は、得意になってはしゃぎます。すると、ルームサービスに化けたイタリアンマフィアのロッコが突然現れ、彼もボスの命を狙いにきたと言い出します。しかし、後になってロッコは雇い主であるイタリアンマフィア(ヤカヴェッタ・ファミリー)のボスであるパパ・ジョーから捨て石にされた事が発覚するのでした。実際、ロッコには間抜けな面があり仲間内から「コメディアン」と揶揄されておりました。

 

その後、マクマナス兄弟はロッコを「処刑人」の仲間に加えます。また、自分を捨て石にされ怒り狂ったロッコは、レストランで捨て石にされた自分をあざ笑うマフィアの同僚達を抹殺します。続いて、自分をジョーに紹介したヴィンチェンツォ・ラパッツィという男にも彼が頻繁に通う風俗店に乗り込んで強襲し、殺害するのでした。そして、々と起こる殺害事件に振り回されるスメッカーは、得意のプロファイリング術で犯人の殺害パターンと悪人のみ殺害されていく動機こそ的中させるのですが、肝心の犯人像が浮かんでこない為悪戦苦闘し、イライラを募らせるのでした。

 

3人の「処刑人」に部下達を次々と殺され追い詰められたジョーは、引退したマフィアの大幹部に「ある男を牢屋から解放してくれ」と頼み込みます。その男とは、イル・ドゥーチェでした。彼は、殺しの達人で頼まれた依頼は全てこなしてしまうとんでもない奴だったのです。そして、ついにドゥーチェという名の殺戮兵器が解き放たれ、「処刑人」達との激しいバトルが繰り広げられるのでした。また、そのバトルによってロッコの指が吹き飛び、後にその指がバトル終了後に現場に赴いたスメッカーの元へと渡る事となるのです。

 

f:id:naoraou:20190117213134j:plain


ついに、犯人像が浮かび上がったスメッカー。しかし、ここでスメッカーは苦悩する事となります。スメッカーは、一体何に悩んだというのか?そして、イル・ドゥーチェの意外な正体とは?

 

続きは、この先にあります( ゚Д゚)