色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

映画「激流」の見どころ

こちらの映画は、前回に紹介した「ユージュアル・サスペクツ」とほぼ同じ年代に登場したスリルアドベンチャー作品となっております。1994年の作品ですから今から約25年前くらいになりますかね・・・。

 

f:id:naoraou:20200527220934j:plain


主演は、ハリウッド界の大女優であるメリル・ストリープ。ちょうどこの頃に彼女の代表作の1つでもある「マディソン郡の橋」なんかもありました。今でこそかなりお歳を召されましたが、こちらの作品ではまだまだ大人の色気が健在しております。

 

そして、共演にハリウッド1危険な男として有名なケヴィン・ベーコン。私の大好きな俳優の1人でもあります。こちらの作品では、悪役として登場するのですがやはり彼の演技力は素晴らしいです。それでいてかなり怖いのも事実です。観てて思わず寒気を感じてしまうほど。

 

最愛の息子の誕生日祝いもかねて大好きな川下りを楽しもうとしていた幸せな家庭を極悪非道な強盗犯達が地獄の道へと引き連りこんでしまうとてつもない恐怖とスリルに満ちた内容となっております。それでは、こちらの映画の見どころを中心に紹介していきますね。

 

<個人評価点>

満足度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆星8

<記事読了時間>

約4分

 

※1部ネタバレあり

 

目次

 

 

顔に注目

f:id:naoraou:20200527221033j:plain


物語序盤でジェイド(ケヴィン・ベーコン)がゲイル(メリル・ストリープ)の息子であるローク(ジョゼフ・マゼロ)と初めて顔を合わせた時に見せるジェイドのにやけ顔がとても不気味で怖かったです。

 

当初は、自分が被っていた帽子をロークに上げるなど心優しい一面を覗かせたジェイドでしたが、物語が進むにつれてその化けの皮が剥がされていくこととなるのです。

 

やっぱりケヴィン・ベーコンはこうでないと。でも、彼が演じる悪役は毎度のことなんですがどこかおっちょこちょいなんですよね(笑)なんか抜けているというか。

 

ジェイドの覗き

 

ジェイド達と共に川下りのゴール地点「ブライダル・クリーク」と呼ばれる駐留所まで行動を共にすることとなったゲイル一家。まだ、この時はジェイド達が強盗犯である事をゲイル達は知りませんでした。ただ、ゲイルの夫であるトム(デイヴィッド・ストラザーン)だけが、どこか胡散臭いジェイド達の存在を煙たがってはおりました。

 

そして、迎えた夜。1人裸になって近くの川で水浴びをしていたゲイルの背後に怪しい人影が・・・。

 

薄暗い闇の中、激しい雷の轟音と共にジェイドがじっとこちらを見つめていたのです。それを見たゲイルは思わずゾッとしてしまいます。そりゃそうだ。

 

そして、この時初めてゲイルはジェイドの人間性に対して不信感を抱くようになり、夫のトムと画策してジェイド達から離れるべく行動に移したのでした。ここからゲイル一家の悲劇が始まるのです。

 

天国と地獄

f:id:naoraou:20200527221528j:plain

 

始めこそは家族3人でワイワイとあんなに嬉しそうに川下りを楽しんでいたゲイル一家の表情とジェイドが持つコルトパイソン(拳銃)に脅され暴力に震えるゲイル一家の表情とを比較して、まさしく「天国と地獄」だなと感じさせられました。

 

ジェイドの演技力もあってか余りにも生々しくて、観ているこちらとしても非常に心苦しい気分になりましたね。

 

共同作業

f:id:naoraou:20200527221643j:plain


川下りのガイドとして経験を持つゲイルとは対照的にジェイド達は川下りにおいてど素人でした。さらに、ジェイドは泳げません。強盗した時の逃走ルートとして追っ手の目を欺くために川下りをして逃げようと無謀な計画を実行していたのでした。そして、その目的地もブライダル・クリークをさらに進んだ場所にあったのです。

 

ブライダル・クリークの先には「ガントレット」と呼ばれる川下りにおいて素人が決して近寄ってはいけない激流があります。若いころに1度だけガントレットを経験していたゲイルはその過酷さを誰よりも知っており、愛する家族を危険な目にあわせるわけにはいきませんでした。しかし、ジェイドが「行け‼」とゲイルに強要するのです。

 

とはいえ、今のゲイルでは腕が鈍っているのも事実です。彼女1人が頑張ってもガントレットを無事にクリアする事は不可能でした。そこでジェイド達も仕方なしにゲイルと協力してボートを漕ぐことになるのです。このゲイルとジェイド達による共同作業がなんとも言えない光景に。2重3重と続く強烈な滝つぼへと立ち向かっていく3人、助け合う善人と悪人達、そしてゴールした時のガッツポーズ・・・。観てて思わず口がパカッと開いてしまいます。

 

f:id:naoraou:20200527221909j:plain


ただ、善人と悪人がこのまま仲良しこよしで終わるはずがありません。その後、壮絶なクライマックスを迎えることとなるのです。

 

以上となります。

 

最後まで御覧頂きとても感謝しております<(_ _)>

 

www.naoraou.com

※おススメ映画の前記事

 

映画「ユージュアル・サスペクツ」を裸にします

※目次

 

こちらの映画は、サスペンス好きなら知らない人がいないと言われているほど超有名でサスペンス界の金字塔とまで呼ばれている作品です。また、アカデミー脚本賞を始め、アカデミー助演男優賞、エドガー賞といった数々のタイトルも総なめにしております。

 

f:id:naoraou:20200523205121j:plain


そして、この映画の一番の注目と言えばアカデミー助演男優賞に選ばれたケヴィン・スペイシー演じるヴァーバル・キントでしょう。天才と言われた彼の不気味かつ洗練されてるとも言える抜群の演技力には、目を離せません。

 

物語の主な内容としては、完全に推理小説の世界です。精巧で複雑に構成されたこの世界の前では、きっと貴方も騙される事間違いないはずです。1人の探偵になったつもりでこの事件を解決してみて下さい。

 

それでは、映画にあるいくつかのキーワードを中心に記事でまとめてみましたので御覧下さい<(_ _)>

 

<個人評価点>

満足度☆☆☆☆☆☆☆☆☆星9

<記事読了時間>

約4分

 

※1部ネタバレあり

 

5人の男

f:id:naoraou:20200523205234j:plain


物語の発端は、カリフォルニア州・サンペドロ港においてマフィア達による麻薬の密輸に使われていた船が爆破し、全身大火傷を負ったハンガリー人と身体障害者(その後行方不明)の2人が生存し、それ以外の人間が何者かによって殺されてしまった事件から始まります。殺された中には、後述する元汚職刑事キートン(ガブリエル・バーン)の顔も。

 

そして、その事件が起こるちょうど6週間前に銃器を乗せたトラックが何者かによってハイジャックされる事件が起きていました。そこで容疑に掛けられたのがキートン、元強盗犯のマクマナス(スティーブン・ボールドウィン)フェンスター(べニチオ・デル・トロ)コンビ、爆弾魔のホックニー(ケヴィン・ボラック)、そして詐欺師キント(ケヴィン・スペイシー)の5人だったのです。

 

f:id:naoraou:20200523205302j:plain


彼らは、全員いわくつきの人物であり犯罪が事あるごとに容疑をかけられ、警察にでっち上げられていたのでした。その後、すぐにこちらの5人は無罪放免となるのですがそこは似たもの同志・・・すぐに打ち解けキートンとキントを中心に金儲けのためとすぐに自分達をでっちあげる警察署に鬱憤を晴らすため、皆で団結して犯罪に手を染めていくこととなるのです。物語は、この5人を中心に進行していくのでした。

 

過去と現在

f:id:naoraou:20200523205349j:plain


サンペドロ港において上記の5人の中で唯一無傷で生還を果たしたキントに対してクイヤン捜査官(チャズ・パルミンテリ)が警察署内にて激しく尋問します。

 

※過去と現在を何度も往復するこの物語。実は、この映画の実態全てがキントの供述から構成されているようなモノだからです。

 

f:id:naoraou:20200523205430j:plain


なので、キントの言動や仕草を1つずつ見逃す事なきよう。例えば、コバヤシという名の登場人物が存在しますが、我々日本人としては当然コバヤシと聞いたら日本人を想像するはずです。しかし、そのコバヤシはイギリス人だった・・・みたいな感じに。

 

カイザー・ソゼ

 

キントの口から上がった謎の人物・・・カイザー・ソゼ

 

この名を知っている者全員が震え上がってしまうほどの人物でした。しかし、その実態は全く掴めず本当に存在するのかさえわからないほどの伝説的な悪人でした。

 

どうやら、船で起きた事件でもカイザー・ソゼが深く関わっており、キートンも彼によって・・・。

 

証拠も痕跡もすべて残さないこのカイザー・ソゼとは、一体何なのか⁉私の推理では、カイザー・ソゼはあくまで伝説の人物だけに過ぎなかったと思うに至ったのですが、その意味はあえて申しません( ゚Д゚)

 

2つの結末

f:id:naoraou:20200523205512j:plain


私は、この映画には2つの結末があると思ってます。

 

モノは考えようとありますが、結局クライマックスでもこれといった解決には至りませんでしたから。ここが推理の難しいところでもあり、面白いところでもありますよね。

 

ヒントを上げるとクイヤンに打ち明けたキントの供述が正しければ6人目の誰かが船に存在していた、でなければ・・・ということです。もっと言えば証拠がないのでいくらでも話を・・・。っと、ここまでにしておきます(笑)

 

最後まで御覧頂き、とても感謝しております<(_ _)>

 

www.naoraou.com

※おススメ映画の前記事

 

映画「ポイズンローズ」

※目次

 

こちらの映画は、私の大好きなハリウッドスターであるジョン・トラボルタ主演のサスペンス作品となっております。

 

f:id:naoraou:20200520204836j:plain


また、超大物スターであるモーガン・フリーマンも共演‼ジョン・トラボルタとモーガン・フリーマンの2人の名前を聞いただけでも借りたくなる映画ですよね。

 

しかし、映画自体は・・・面白くありませんでした(-_-;)

 

世間の評価も辛口ばかりです(-_-;)

 

最近のトラボルタの作品は、前回の「ギャング・イン・ニューヨーク」といい、外れが多いですね。「クリミナル・ミッション」は最高に面白かったんですが。

 

それでは、何故面白くなかったのか⁉を中心に記事にしてまとめてみましたので御覧下さい<(_ _)>

 

<個人評価点>

満足度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆星3

<記事読了時間>

約3分

 

※1部ネタバレあり

 

対決シーンがない

f:id:naoraou:20200520204909j:plain


映画の広告では、ジョン・トラボルタとモーガン・フリーマンそれぞれが銃を持って互いに牽制し合っているようにも見受けられますが、作中では2人のバトルが一切ありませんでした。

 

ジョン・トラボルタが私立探偵役でモーガン・フリーマンが大物ブローカーの悪役として登場はしますが、犯人捜しがメインとなるストーリーの流れもあってか直接対決にまで結び付かないのです。あくまでモーガン・フリーマンは、直接己の手を汚さず裏で犯罪の糸を引いていただけですし、ジョン・トラボルタも探偵であって警察官ではありませんしね。

 

また、ジョン・トラボルタはともかくモーガン・フリーマンの見せ場が少なく、別に他の俳優でも良かったんではないか⁉と思えるくらい彼の良さが作中にはありませんでした。

 

せっかくのクライマックスも

f:id:naoraou:20200520204944j:plain


ストーリーのクライマックスは、意外な人物が犯人として発覚しその人物を詰めて終わりを迎えるのですが、序盤から中盤にかけて面白かった部分が無かったせいかせっかくのクライマックスも今一つ盛り上がりに欠ける内容でした。

 

ちょっとした驚き

f:id:naoraou:20200520205007j:plain


ここまで辛口ばかりとなってしまいましたが、映画を観ててちょっと驚いた部分もありました。

 

よく観てみると・・・なんと保安官役として登場していた人物があのターミネーター2の敵役(T-1000)を演じていたロバート・パトリックさんではないですか(笑)これには、正直驚かされたと同時に久しぶりに拝見する事が出来て少し感動させらた部分もありました。

 

あれから歳をとってもあの頃の雰囲気がどことなく残っている感じに見受けられましたね・・・と、映画の内容と関係ない話にはなってしまいましたが。

 

以上となります。

 

最後まで御覧頂き、とても感謝しております<(_ _)>

 

www.naoraou.com

※おススメ映画の前記事