色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

大ヒット作「項羽と劉邦 Kings War」 第58・59・60話を斬る

※目次

 

楚漢の激突編・・・。

 

f:id:naoraou:20190911210739j:plain


 

第58話 故郷への逃走

f:id:naoraou:20191020190508j:plain

※夏侯嬰

 

実の父親や妻の呂雉(’リョチ)らが項羽に連れ去られた事などつゆ知らず、劉邦は故郷の沛県へと辿り着きます。また、盧綰(ロワン)や樊噲(ハンカイ)、張良や陳平らも劉邦と合流しました。しかし、張良の「滎陽(ケイヨウ)に戻って軍を立て直すべき」との進言を退け、劉邦は沛県から一歩も動こうとはしませんでした。

 

それは、劉邦が彭城での大敗によって全ての自信を失い、心身共に疲れ切ってしまったからです。挙句の果てには「俺は、もう王様ではない。沛の丁長だ。ここに居た頃は、何もかもが気楽で良かった。あの頃に戻りたい」とまで言ってしまう有様でした。もはや誰の言葉にも耳を貸しません。

 

一方、楚では「劉邦の父や妻を人質として利用すべきだ」と范増が進言するのに対して「俺は、西楚の覇王だ!そんな卑怯な真似など出来るか」と返す項羽とで楚のトップ2人同士が意見対立をしておりました。そんな傍ら牢に閉じ込められた呂雉は、気落ちする義父と曹氏を励まし、項羽や范増に楯突いたりなど気丈に振る舞っていたのでした。

 

第59話 蕭何、劉邦を叱る

f:id:naoraou:20191020190555j:plain

※灌嬰

 

劉邦を王にしてやったのに感謝されるどころか土足で彭城にまで足を踏み入れられた事に激しく憤る項羽は、追っ手を差し向けたにも関わらず一向に劉邦が見つからない報告を受け、漢の拠点である関中へ攻め込み漢軍を根絶やしにしようと考えます。しかし、范増の「関中までの兵糧が持たない。それよりも今は漢軍の襲撃によって苦しんだ彭城の民衆に食糧を与え、民心を落ち着かせるべきである」との進言を泣く泣く取り入れ、関中攻めを撤回したのでした。

 

その頃、劉邦の元へ関中にいる蕭何から三ヶ月分の食料が送られてきます。劉邦が滎陽で軍を立て直すために送られた食糧です。しかし、それでも劉邦は動こうとはしませんでした。これに業を煮やした張良は「あの方に説得してもらうしかない」として漢軍のナンバー2である蕭何に沛県へ来るよう催促したのでした。

 

そして蕭何は、劉邦の元へ来るなり「おい!劉邦!」と呼び捨てにして「お前は、ずっとこのままで良いのか?お前に命を預けてきた者達は、この先どうなる?お前に深い恨みを抱いている項羽は、地の果てまでもお前の首を取りにやってくるぞ!」と叱りつけたのです。その後、蕭何の叱責によって目が覚めた劉邦は滎陽へと急ぎ向かったのでした。やはり、韓信の時といい蕭何の存在は、漢にとって一番大きかったと言える場面です。

 

第60話 戻らぬ韓信

 

滎陽へと辿り着き漢王として威厳を取り戻した劉邦でしたがそうした中、側室の戚夫人が「呂雉がいない今がチャンス」と見て動いたのでした。戚夫人には、世継ぎを決める際に呂雉に味方する盧綰(ロワン)や樊噲(ハンカイ)らの後ろ盾が無く、内部で孤立していたのです。そこで息子・如意を太子にする為にも身の回りを固めるべく当時漢内で新参者である陳平に触手を伸ばしたのでした。

 

しかし、策士である陳平が戚夫人の奸智を看破し中立を維持した事や劉邦自身が太子を決める事に乗り気では無かったのもあって戚夫人の思惑通りには、事が運びませんでした。一方、項羽からの襲撃に備える為に増兵していた淮河に布陣する韓信の兵力が滎陽にいる漢軍の兵力よりも上回っていた事もあって韓信の独立を懸念する声が劉邦陣営に広がります。また、韓信が劉邦の帰還要請を静観し続ける事によってさらに悪化していくのでした。

 

そこで劉邦は、直筆をもって韓信の帰還を促したのでした。韓信が劉邦の帰還要請に応じない理由は、中立軍である彭越と項羽の影響から離れ中立軍となった英布の動きが掴めないでいた事や自分の留守を狙った項羽の来襲を懸念していたからでした。ただ、劉邦からの直筆は、さすがの韓信も無視は出来ません。さらに側近の蒯徹から「ここは、漢王の要請に従うべきです」と言われたので韓信は仕方なく滎陽に向かったのでした。

  

www.naoraou.com

※楚漢戦争の前記事

 

大ヒット作「項羽と劉邦 Kings War」 第55・56・57話を斬る

※目次

 

楚漢の激突編・・・。

 

f:id:naoraou:20190911210739j:plain


 

第55話 彭城占拠

f:id:naoraou:20191017213238j:plain

※司馬欣
 

項羽討伐の兵を彭城に向けた劉邦の元へ今までどの諸侯にも与せず、中立を保っていた梁の彭越が3万人の兵を連れて劉邦陣営に加わります。荒くれ者の集合体である彭越軍を見て不安に駆られた張良の忠告を無視して。一方、趙の張耳がこれを機と見た陳余の軍勢に攻め立てられ、劉邦陣営に逃げ帰ってしまいます。

 

陳余は、元々支配していた代に張耳から奪い取った領地も加わって漢軍としては侮れない存在となっていたので劉邦は、陳余と友好関係を築く為にも討伐軍への参入を呼び掛けました。すると、陳余が「張耳の首を届けてくれたら漢軍に合流しよう」と言ってきたのです。劉邦は、張耳と義兄弟の契りを交わしているので殺せる訳がありません。

 

そこで劉邦は、側近の夏侯嬰(カコウエイ)に命じて張耳に似た人物の首を陳余に差し出します。首が偽物とは知らずに歓喜する陳余。その後、陳余までもが劉邦陣営に合流する事となり、漢軍は総勢56万人の大軍となったのでした。そして、彭城を取り囲む漢軍。彭城を守るは、項羽の軍師である阿父・范増でした。

 

しかし、漢軍はあまり攻勢を強めようとはしませんでした。それは、項羽が救援に戻ってくるところを挟撃しようと韓信が画策していたからです。范増は、韓信の狙いを看破してわざと彭城を抜け出し、漢軍に彭城を占拠させました。こうして彭城を占拠する形となった劉邦と各諸侯達は、偽りの勝利に酔いしれてしまいうっかり羽目を外してしまうのです。あっさりと落ちた彭城と項羽の来襲を懸念した韓信は、劉邦に再三に渡って「今すぐ彭城から撤退するべきです」と忠告しますが、聞き入れてもらえません。仕方なく韓信は、独断で2万の兵を引き連れて彭城郊外に陣取り、項羽の来襲に備えたのでした。

 

第56話 東からの来襲

f:id:naoraou:20191017213331j:plain

※董翳
 

一方、彭城陥落の報せを聞いた項羽は、虞子期の「斉を平定してから彭城を取り返すべき」との進言を取り下げ「劉邦など少人数でも勝てる」と彭城攻めを強硬します。一番の理由は、彭城に残していた愛する妻・虞姫の安否が掴めないからでした。

 

その頃、56万の大軍を擁し項羽の本拠地である彭城を落とした劉邦は、すっかり有頂天となり余裕綽々です。同じく各諸侯達も毎日酒浸りの生活を送っており、軍全体が緊張感0の状態でした。韓信以外でも張良や陳平らが項羽の来襲を懸念し、劉邦に忠告しますが、全く聞き入れてもらえません。さらに、劉邦が招いた宴の席で張耳と陳余が対面してしまうといった失態を劉邦は犯してしまいます。

 

当然、死んでいると思っていた張耳が目の前にいると分かった陳余は激怒しますが、劉邦が陳余に代と張耳から奪った領地を与え、張耳には代わりに肥沃な河内の領地を与えるとしてその場を収拾したのですが、陳余に鬱憤が残ってしまうのでした。

 

そんな中、項羽の進軍ルートを模索していた韓信は「大軍では進めない彭城の東側にある小道からは、攻めてこないであろう」と予測し、彭城の北側に伏兵を配置します。しかし、戦慣れした項羽は「兵法は、自分で作るモノだ」と豪語して周囲の反対を押し切って少人数のみで東側から彭城を攻める事を決断しました。彭城の南側で布陣していた范増も項羽の機転を信じて南側に攻撃を仕掛けます。やがて、裏をかかれた韓信は項羽と范増の挟撃を許してしまい、彭城は陥落してしまうのでした。

 

第57話 竜の腕輪

 

東と南から楚軍が彭城内部へと突入。楚軍の突然の来襲に慌てふためく劉邦は、持っているモノを全て放棄してわずかな側近達と共にかろうじて脱出に成功するのでした。項羽に裏をかかれた韓信は、劉邦への救援を後回しにして兵の損害を軽くする為に守備的な陣形である方円の陣を敷いて項羽の攻撃に備えますが、奮闘虚しく敗北してしまうのです。

 

彭城を劉邦から取り戻した項羽は「劉邦を捕まえた者には、千戸侯の位を授ける」と言って劉邦へ追っ手を差し向けます。対する劉邦は「まさか彭城の近くには逃げないであろう」と項羽の裏をかいて故郷の沛へと逃げ込んだのでした。しかし、50万の兵を一気に失った事と自分が油断した為に項羽に大敗してしまった事が劉邦に大きな精神的ダメージを与えてしまうのです。

 

その頃「劉邦が彭城を占拠した」と報せを聞いて彭城へと向かっていた劉邦の父と呂雉らは、彭城から逃げ出してくる敗残兵を見て劉邦の敗北を予見し、再び故郷へと帰ります。しかし、劉邦の追っ手を任された将軍・龍且(リュウショ)が故郷へとやってくるのでした。逃げ場のない呂雉らは、劉邦の愛人・曹氏の家へと逃げ込みますが・・・。

 

劉邦が自分の愛した女性に腕輪を渡す習慣を知っていた龍且は、曹氏が身に着けている竜の腕輪を見て劉邦の女であると直感したために劉邦の父・呂雉・曹氏ら全て龍且によって捕縛されてしまい、項羽の手に渡ってしまうのでした。おそらくこの時が劉邦の最大のピンチであったと言えるかもしれません。

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の前記事

 

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の次記事

 

大ヒット作「項羽と劉邦 Kings War」 第52・53・54話を斬る

※目次

 

群雄達の策略編・・・。

 

f:id:naoraou:20190911210739j:plain


 

第52話 章邯、散る

f:id:naoraou:20191014200312j:plain

※戚夫人
 

家族を巴蜀へと迎え入れた劉邦に腹心の蕭何(ショウカ)は「今後、王様(劉邦)の身に何か不幸があった時の事も考えなければなりません。ここは太子をお決めになるべきです」と進言しますが「俺は、項羽から名ばかりの王位を与えられただけで世間からはまだ認められていない。太子を決める等、時期尚早である」と却下されるのでした。

 

また、大将軍・韓信の働きによって章邯の弟・章平を打ち取り、三秦の司馬欣(シバキン)と董翳(トウエイ)を降伏させ、廃丘(ハイキュウ)で籠城する三秦の最後の一人である章邯を追い詰めた劉邦は「名将として知られる章邯を打ち取って我が軍の武威を天下に知らしめるべきです」と進言する蕭何の言を取り下げ、章邯に投降を呼び掛けました。

 

しかし、忠義の厚い章邯は劉邦の呼び掛けには応じず、徹底抗戦の構えを取ります。そこで韓信は、城で固く守る章邯に対して正攻法で挑んでも苦戦する事は必至なので廃丘に水攻めを仕掛け、敵の戦意を挫く事に成功します。その後、韓信の水攻めによって追い詰められた章邯は、残されたわずかな兵達と共に城から出陣して一人残らず玉砕し、章邯も戦場にて華々しく散ったのでした。こうして秦の名将であった章邯を討ち滅ぼした韓信の名が天下に響き渡る事となります。

 

第53話 戚夫人の出産

f:id:naoraou:20191014200412j:plain

※蒯徹(三国志では、劉表役)
 

章邯を倒して関中を平定した劉邦は、巴蜀から食糧を調達して糧秣の確保に努め、さらに関中で兵を募る際に「漢軍の兵になれば家族全員の税金を免除する」といった布令を出して民心を掴み、来たる項羽との戦いに備えておりました。

 

しかし、内輪でも女同士の戦いが始まろうとしていたのです。それは、劉邦の正室・呂雉(リョチ)と側室・戚夫人との世継ぎ争いでした。また、戚夫人が男子・劉如意を出産した事により、事態は深刻化していきます。やがて戚夫人の付き人の画策によって惑わされた劉邦は、呂雉が戚夫人を虐めていると疑うようになり「そんなに戚夫人が憎いならここを今すぐ出ていけ!」と呂雉を突き放すのでした。それに対して呂雉は、息子の盈(エイ)を連れて故郷に帰ろうとしますが、昔から馴染みのある盧綰(ロワン)や樊噲(ハンカイ)らに慰められ、一旦思い止まったのでした。

 

一方、章邯討伐の褒賞を韓信に与えようとした劉邦でしたが、韓信から「此度の戦功第一は、樊噲殿です。彼に褒賞をお与え下さい」と言われ、何処か腑に落ちない劉邦でしたが、韓信の進言通り樊噲に侯の位と村一つ与えたのでした。そして、その場を後にした韓信の元へ一人の老人が「貴公の軍師になりたい」と韓信を訪ねてきたのです。その老人の名は、蒯徹(カイテツ)。

 

蒯徹は、さらに「漢王(劉邦)の身内に対して褒賞を進めるべきではない。そんな事をしたら樊噲は、漢王と貴公のどちらに感謝すると思う?そなたは戦の天才ではあるが、世を渡る処世術には疎いと見える。だから、そなたの足りない部分はこのわしが補ってやろう」と言いました。これを聞いた韓信は、変に納得させられた気分となりそのまま蒯徹を自分の軍師としたのです。ここに韓信と蒯徹の奇妙な関係が始まるのでした。

 

第54話 義帝暗殺

 

その頃、楚では義帝(懐王)が項羽に殺されてしまうといった大事件が起きてしまいます。都の彭城から追放され用済みとなった義帝は、その道中で項羽から命を受けた将軍の鐘離眜(ショウリバツ)によって絞殺されてしまうのでした。また、項羽の論功行賞に不満を抱く斉王・田栄が楚に反旗を翻したので項羽は、劉邦と田栄の対処に追われてしまうのでした。

 

「義帝が暗殺されました」と楚から帰ってきた張良に申告された劉邦は、逆賊討伐の大義名分を生かして項羽討伐の檄文を中国全土に飛ばしました。すると、この檄文に呼応したのが趙の張耳とこの時未だ項羽の家来であった後の劉邦の大業を支える謀略家・陳平です。しかし、優柔不断な魏王の魏豹は、項羽と劉邦のどちらに付くべきかを悩んでおりました。

 

そんな時、劉邦の元へ絶好のチャンス到来とも言える朗報が届きます。「劉邦を先に叩くべし」と進言する范増に従わず、項羽は「劉邦など恐れるに足りない」と言って斉の田栄討伐へと向かい、本拠地である彭城を留守にしたのです。そして、この報せを聞いた魏豹もついに劉邦に味方する事を決断しました。

 

「時は、来たり!」。劉邦は、ついに各諸侯を集めて項羽の本拠地である彭城へと進軍開始したのでした。さらに、破竹の勢いで斉王の田栄を討ち取った項羽でしたが、主を殺され項羽を不倶戴天の敵と見なす斉の元宰相であった田横ら率いる決死のゲリラ部隊に足止めを喰らってしまいます。こうして楚漢戦争の幕が開けるのでした。

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の前記事

 

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の次記事