色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

大ヒット作「項羽と劉邦 Kings War」 第1・2・3話を斬る

※目次

 

こちらの作品は、大ヒット作「三国志 Three Kingdoms」に続く中国の楚漢戦争を描いた歴史ドラマになります。

 

今、日本では漫画家・原泰久氏の「キングダム」が映画化もされ、絶大な人気を誇っておりますが、この物語は秦の始皇帝のお話です。私が紹介する「項羽と劉邦」とは、その秦を滅ぼした張本人達であり、その者達が築いた「楚」「漢」という2大勢力が天下統一をかけて覇を競い合う物語となっております。

 

f:id:naoraou:20190717201853j:plain


総製作費は、前作の三国志を大きく上回る35億円と壮大なスケールとなっており迫力満点です。物語を演じる役者達も前作のメンバーの大半が引き継いでおり、その中でも秦の始皇帝を演じるユー・ホーウェイ(前作では劉備役)や項羽を演じるピーター・ホー(前作では呂布役)の演技には、大注目ですね。さぁ、そこの貴方も中国が誇る壮大な歴史ドラマを是非堪能してみて下さい( ゚Д゚)

 

第1話 始皇帝巡幸

f:id:naoraou:20190721193244j:plain

※項羽(三国志では、呂布役)
 

時は、中国の春秋戦国時代・・・。秦の始皇帝は、六国と称された強国(燕・趙・斉・楚・韓・魏)を次々と滅ぼし中国大陸の天下統一を成し遂げました。また、統一王朝として初めて皇帝を名乗った人物でもありました。

 

しかし、武力のみで統一した秦に対して元敵国であった民衆達からの支持を得る事は出来ませんでした。また、秦に滅ぼされた六国の子孫達は、虎視眈々と秦に反旗を翻すチャンスを伺っております。その1人が項羽でした。そんな中始皇帝は、自らの武威を示し反乱分子を抑える為、都の生活に辟易していた事もあって各地の巡幸を繰り返していたのでした。

 

一方、その頃の劉邦は徐州の沛国(はいこく)にある小さな村のゴロツキ達の親分をしておりました。仕事もしない上に女遊びばかりする劉邦でしたが、持ち前の義侠心と胆力もあってか不思議と彼の元に人が集まってくるのです。その中には、後の腹心となる蕭何(しょうか)や樊噲(ハンカイ)らの姿がありました。

 

第2話 楚人の誇り

f:id:naoraou:20190721193405j:plain

※劉邦
 

秦に最後まで抵抗したとされる楚の名将・項燕(こうえん)の子孫である項梁(こうりょう)と項伯(こうはく)、そして項梁の族子である項羽は、秦に祖国を滅ぼされた後に故郷を追われ江東の地へと流浪しておりました。

 

彼等は、父の仇であり祖国を滅ぼした秦を深く恨んでおり、秦を滅ぼさんが為に再起を図るチャンスを伺っておりました。また、一向に動こうとしない項梁に苛立ちを隠せない項羽は何度も項梁に旗揚げを催促します。そこには、楚人としての誇りがみなぎっておりました。しかし、項梁は動こうとはしません。

 

項梁は、わかっておりました。今がその時期では無い事を。それと同時に溢れでんばかりの才能を持ち合わせた項羽の将来を嘱望しながらも若さゆえの軽率さを戒める為にも時間が必要だったのです。まさしく項家一族にとっては、雌伏の時でした。

 

第3話 劉邦、嫁を取る

 

ある日、劉邦の村に呂家と呼ばれる有名な豪族が引っ越してきます。その引っ越しを取り仕切ったのが村の官吏である蕭何でした。何かと首を突っ込んでくる劉邦もその場に居合わせます。また、村の民衆達も一斉に有名な呂家を一目見ようと訪れてきた事によって呂家の家の前が溢れかえってしまいます。

 

そこで蕭何は、呂家に人を入れない為にも「家に入る際には1000銭払え!」とその場に居合わせた民衆達に通告します。すると、その場にいた劉邦は「俺は、10000銭払うぞ!」と言って勝手に呂家の中へと侵入したのです。その光景に呆れる蕭何でしたが、結局劉邦を止めませんでした。

 

劉邦を見た呂家の主人である呂公は、蕭何の口添えと劉邦の人となりを見て一目惚れしてしまいます。そして、娘である呂雉(リョチ)を劉邦に嫁がせてしまうのでした。後に悪名高き女として有名になる呂雉です。しかし、この頃の呂雉は夫の劉邦に尽くすとても気心のある立派な女でした。

 

www.naoraou.com

※前記事