色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

映画「シャッターアイランド」の見どころ

※目次

 

こちらの映画は、小説家デニス・ルへインのミステリー小説を実写化した作品となっております。監督にはマーティン・スコセッシ、主演にはレオナルド・ディカプリオ4度目のタッグ映画としても注目の作品です。

 

時は、西暦1954年・・・。

 

アメリカの連邦保安官であるテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、ボストンの沖にある孤島(通称・シャッターアイランド)にて、1人の女性患者レイチェルが病院施設を脱走した報せを受け、彼女の捜索を依頼されます。チャック・オール(マーク・ラファロ)というこの依頼で初めて顔を合わる事となった相棒を引き連れて・・・。しかし、その孤島に降り立ったテディの身に数奇な運命が待ち受けていたのでした。

 

f:id:naoraou:20190111224317j:plain


この映画の一番のポイントとしては、作中にある様々な回想シーンや度々発生する数奇な出来事に振り回されていくテディの姿にあると思います。また、非常に複雑な物語となっておりますので、ちゃんと最期まで集中して観る必要があります。きっと物語のクライマックスに驚かされる事間違い無しですね。どんでん返しが好きな人にはたまらない映画なのではないでしょうか。

 

<個人評価点>

満足度☆☆☆☆☆☆☆☆☆星9

<記事読了時間>

約5分

 

※1部ネタバレ有り

 

シャッターアイランド

 

ボストンの沖にある孤島・シャッターアイランドには、様々な犯罪者を収容している病院施設がありました。そこでレイチェルという女が施設を脱走するといった事件が起きてしまいます。そして、彼女の捜索を依頼されたある2人の男が船で海を渡ってシャッターアイランドに向かったのでした。

 

f:id:naoraou:20190111224356j:plain

 

2人の名は、テディ・ダニエルズチャック・オール。アメリカの連邦保安官でした。チャックは、テディの事を「ボス」と呼び一見親しげに見えますが、彼らはこの脱走事件で初めて顔を合わせるといった不思議な関係でもありました。また、初対面のチャックとの会話中に「火事で妻を失った」と自分の辛い胸中を打ち明けるテディ。どこか変な空気に包まれる船中でした。そして、島へと降り立った2人は、島の警備隊副隊長であるマクフィアソンの先導の元、車で病院へと向かう事となります。

 

病院施設の外観は、まるでポーランドにある負の世界遺産(アウシュビッツ収容所)を彷彿とさせるモノで、壁の上には有刺鉄線が張り巡らされており触ると電流が流れる仕組みになっておりました。また、施設内でも男はA棟・女はB棟・凶悪犯罪者は南北戦争時代の砦であったC棟と完全に隔離されており、脱走不可能な場所だったのです。

 

子供3人殺して脱走したレイチェルという女

 

テディとチャックは、門の前でマクフィアソンに拳銃を預け病院内の規律を守る事を約束し、依頼元の院長であるコーリー(ベン・キングスレー)に会いに病院施設へと入ります。また、規律の中にはC棟に行くためにマクフィアソンとコーリーから許可が必要である事も含まれておりました。

 

f:id:naoraou:20190111224602j:plain

 

そしてコーリーと接触したテディとチャックは、彼の口から「レイチェルが脱走したのは、昨晩の22時から0時の間である」「レイチェルは、施設裏の池で子供を1人ずつ頭を押さえて溺死させ死体を台所に運んだ後、食事をしている所を発見した」と告げられます。

 

コーリーの話はまだ続きます。「心が病んでいるレイチェルは自分の子供達がまだ生きているものだと思い込んでおり、この病院施設も自分の自宅であると信じていた」と。ちなみに、レイチェルの夫は既に死んでおりました。どうやらレイチェルという女は入所してから2年間、自分で空想の世界を創って自分の感情をコントロールし、現実逃避をしていたとコーリーから伝えられます。

 

コーリーから話を聞いたテディは、そんなレイチェルが勝手に脱走するとは思えないと考え、何か理由があるのではと彼女が生活していた部屋を調査する事にします。

 

謎の紙切れ

 

部屋には入り口と鉄格子が付けられた窓、そしてベッドだけでした。また、靴が置き捨てられており、それを見たコーリーは「レイチェルは裸足で脱走した」と言います。施設の周囲は、荒れ地や森がたくさんあり裸足なんてありえないと思ったテディでしたが、ふと下を見ると小さな紙切れがある事に気付きます。その謎の紙切れには・・・。

 

「4の法則 67番目は誰?」と書かれておりました。この意味不明な言葉に困惑するテディは、レイチェルの逃走ルートを調べる為にも島全体を探索しました。すると考え付いたのが、隣の島まで18キロ離れており泳いで渡る事は不可能である・泳いで溺死したとしても海流の関係で陸に押し戻されるはずである・断崖の所々にある毒性の植物によって歩く事は不可能であるとし、レイチェルは島の何処かに必ず潜伏していると推測します。

 

また、探索していると1つの灯台を発見しますが、コーリーからは「ただの下水道施設で、既に探索済みである」と言われます。その後施設へと戻ったテディは、施設の職員達に聞き込みを開始します。そして「レイチェルを担当した医師がシーアンという男である」と聞き出しますが、休暇に入った彼はアメリカ本土へと帰省してしまっていたのでした。レイチェル発見への鍵を握っているのがシーアンだと睨むテディ。

 

f:id:naoraou:20190111224740p:plain


そして迎えた夜、コーリー院長の館で夕食に誘われたテディとチャックは、そこでドイツ人医師であるナーリングという男と出会います。また、部屋で流れるマーラーのピアノ四重奏イ短調を聴いて亡き妻との回想シーンに包まれたテディ。この知らないはずの曲にどこか懐かしさを覚えたテディでした。その後正気に戻ったテディは、コーリーとナーリングとの会話中にシーアン医師の個人情報を要求しますが、2人に揃って拒否されます。
 

シャッターアイランドに来たもう1つの理由

 

コーリーの館を後にしたテディは、翌朝チャックを引き連れ森の中を探索しますが収穫は得られません。そこにいきなり島全体を襲う激しい嵐が到来します。近くにあった小屋でしばらく避難していると偶然、テディとチャックの行方を追っていたマクフィアソンに拾われ、施設へと戻るとコーリーが会議を行っている最中でした。そこでコーリーが発した施設内の収容人数「A棟とB棟合わせて42人、C棟は24人」という言葉にピンときたテディ。その数は、あの紙切れにあった67番目?という言葉に関係しているのではないかと。しかし、コーリーに笑われ軽く流されてしまいます。その後、船が欠航し島に留まる事を余儀なくされたテディとチャックは、レイチェルの捜査を続行する事となります。また、やたらと島の捜査に拘るテディを見て何か違和感を感じたチャック。実は、テディにはシャッターアイランドに来たもう1つの理由があったのです。それは亡き妻・ドロレス(ミシェル・ウィリアムズ)と住んでいたアパートで、彼女を火で焼き殺したアパートの元管理人・レディスがこの島に収容されているという情報をテディが掴んでいたからでした。

 

f:id:naoraou:20190111224438j:plain


そして、再び聞き込みを開始し施設の職員や患者にレディスの情報を聴収しようとしますが、皆が誰かに口合わせをされたのか同じ回答しか返ってきません。しかし、しばらくして「脱走していたレイチェルがいきなり病院に戻ってきた」とコーリーから聞かされます。そして、彼女を尋問するテディ。彼女は相変わらず病院を自宅だと思い込み、子供を殺したとは思っていません。また、テディを亡き夫と間違えて抱き着いてきたのでした。その後激しい偏頭痛に襲われたテディは、その場を後にしコーリーから貰った薬を飲みこみベッドに横たわりますが、亡き妻・ドロレスやレイチェルが殺した子供が夢に出てきてうなされてしまいます。

 

そして、嵐の影響で施設内の有刺鉄線が寸断され、聞き込みが無理ならC棟にレディスの手がかりがあるはずだと睨んだテディは、チャックと一緒に禁断のC棟へと潜入します。すると、レディスがこの島で収容されていると教えてくれたジョージ・ノイス再び牢に閉じ込められていたのです。さらに彼は、テディの事を「お前がレディスである」「俺をボコボコにしたのも牢に閉じ込めたのもお前だ」と言ってきたのです。果たして、これは一体どういう事なのか?

 

f:id:naoraou:20190111224517j:plain


また施設内で捜査してる内に入手した、灯台で人体実験(ロボトミー手術)を行っているという話。そして、チャックの制止を振り切り灯台へと向かったテディの前に現れるもう1人のレイチェル。病院で見たレイチェルは、一体誰だったのか?謎の紙切れに書かれていた本当の意味とは?

 

テディは、やがて知りたくなかった本当の真実を目の当たりにしてしまうのです( ゚Д゚)

 

www.naoraou.com

 ※レオナルド・ディカプリオ映画の前記事