色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

アニメ「ドラゴンボール」の名シーン動画 その2

※目次

 

世界的大ヒットアニメ「ドラゴンボール」の中で、

感動の名シーンを紹介していきたいと思います。

 

「人造人間17号18号 BAD未来編」・・・。

 

f:id:naoraou:20181123211901j:plain

 

まずは「名シーン」までの経緯を軽くおさらいし

ます。

 

フリーザ親子が地球に到来

 

ナメック星でフリーザとの死闘を制した孫悟空でし

たがとどめを刺す所かフリーザに自分の力を少し分

け与え、フリーザを生かしました。しかし、宇宙空

間でも生きる事が出来るフリーザは、死闘によって

消滅したナメック星であっても、生き延びる事がで

き父のコルド大王によって失った体の半分が修正さ

れるのでした。

 

孫悟空が現れるまでは、全宇宙最強の帝王として君

臨していたフリーザ。悟空に敗れた事によってその

プライドがズタズタに引き裂かれてしまい、それが

孫悟空への復讐の執念を燃やす事となります。

 

f:id:naoraou:20181123211935j:plain


その後フリーザは、コルド大王と共に孫悟空と地球

人達を皆殺しにする為に、孫悟空の育った地球へと

向かう事になるのでした。そして、フリーザ親子が

地球に到来します。

 

ベジータとブルマの息子・トランクス

 

本編では、ここで不思議な青年がいきなりスーパー

サイヤ人となり、フリーザ親子を瞬殺し本来の人造

人間編とストーリーが繋がっていくのですが、実は

「もう1つのストーリー」があったのです。ここで

はそのもう1つのストーリーを紹介していきたい

思います。

 

不思議な青年の名は「トランクス」ベジータとブ

ルマの間に出来た思わず耳を疑ってしまう未来から

来た「息子」です。彼の話によるともう1つのスト

ーリーとは、悲惨なモノでした。フリーザ親子は、

から追いかけてきた孫悟空が倒す事になるのです

が・・・。

 

その悟空がしばらくして原因不明の心臓病に侵され

死んでしまう事になり、そこから悲劇が始まるので

す。

 

人造人間17号・18号

 

youtu.be

孫悟空に滅ぼされた元レッドリボン軍の科学者ドク

ター・ゲロと呼ばれる人物が、孫悟空に復讐する為

に秘密裏で人造人間と呼ばれる生命体を造っており

ました。その人造人間には、悟空がこれまで戦って

きた全てのデータがインプットされており、とてつ

もない戦闘力を誇っておりました。その強さは、ス

ーパーサイヤ人となったベジータでも太刀打ち出来

ない程のモノでした。

 

その人造人間は、若い男女をベースとした双子の

7号18号と呼ばれる生命体だったのです。全く

感情の無い彼等は、平然と殺戮と破壊を繰り返しや

がては、孫悟空を失った地球の戦士達(ピッコロ

ご飯クリリンヤムチャ天津飯餃子・ヤジロ

ベー)そして、スーパーサイヤ人のベジータと戦う

事になるのです。

 

しかし、ベジータでさえ叶わなかったので太刀打ち

出来るはずがなく、ご飯を残したメンバーが全て

7号と18号によって殺されてしまうのでした。し

かも、ピッコロが死んだ事によって「ドラゴンボー

ル」が永久に消滅してしまい、生き返らせる事も出

来なくなったのです。

 

残された最後の戦士・孫御飯とトランクス

 

youtu.be

17号と18号の殺戮と破壊が止まない中、時は過

ぎていきご飯は大人になり、トランクスは中学生く

らいの年齢にまで成長します。また、ご飯は自力で

スーパーサイヤ人になれるまでパワーアップしてお

り、その力量は17号もしくは18号が一体だけな

ら勝てるかもしれないくらいのモノでした。

 

しかし、1対1で戦わせてくれる程現実は甘くあり

ませでした。17号と18号が繰り出す波状攻撃

の前に、ご飯は防戦一方となり度重なる戦いで片腕

を失ってしまいます。ですが、それでもご飯は執拗

に17号と18号との戦いに挑み続ける事をあきら

めませんでした。

 

f:id:naoraou:20181123212023j:plain


そして、迎えた17号と18号との再戦の時!

 

「ご飯さん!僕も一緒に戦う!」と逸るトランクス

をその場で気絶させ17号と18号の元へと向かっ

たご飯。

 

最期にご飯が放った言葉が「君が死んでしまったら

地球は滅んでしまう」でした・・・。

 

ここから泣ける「名シーン」へと繋がります。そし

凄まじい怒りによって覚醒するトランクス( ゚Д゚)

 

youtu.be