色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

これから仮想通貨をやろうと思っている方へ Part7 イーサリアム編

※目次

 

仮想通貨投資をされてる方の中では、知らない人がいない程、イーサリアムは仮想通貨業界で有名な通貨ではありますが、それは投資をしてるからであって、イーサリアムはまだまだ一般的には知られてなというのが現状です。

 

イーサリアムとは一体何なのか?

 

f:id:naoraou:20180803194404j:plain

 

以前に、仮想通貨として一番最初に生まれたのがットコインであると申し上げましたが、そのビットコインは「仮想通貨の王様」「仮想通貨の先駆者」といった色んな呼び方がある中で、イーサリアムはあえて表現するなら「仮想通貨の王子様」といった所でしょうか。王子様は王室では皇太子であり、王位継承筆頭ですよね。もっとわかりやすくするなら王様であるビットコインの後を継ぐものとして、何千種類とある仮想通貨の中で一番の最有力候補という事です。

 

5000円ではじめる仮想通貨投資入門
by カエレバ

それがいつになるかは定かではありませんが、いずれかはビットコインを上回ってくるとされてるそんな通貨です。また、ビットコイン以外の通貨である「アルトコイン」の中ではトップであり、時価総額も1位のビットコインに次いで2位であります。

 

そこでまず仮想通貨の簡単な説明を入れて、その後にイーサリアムは一体どんな通貨なのかを私なりに初心者向けとして分かりやすく説明したいと思いす。

 

まずは仮想通貨全般の特色として中央機関(主に銀行)を介さずP2P(個人間)で決済ができ、2重支払いがないようにするために仮想通貨(ビットコイン)はされました。また、ビットコインが誕生して1度も休まず稼働してるように、24時間取引が可能な事やックチェーン技術(銀行の通帳のようなモノ)を駆使通帳のデータの改竄を防ぐ事もでき、中央機関より送金スピードをげる事により利便性が生まれるわけです。

 

また、中央機関のような第3者的な存在がブロックチェーンに変わる事で、個人間で通貨が管理されるという仕組みになります。もちろん仮想通貨取引所でも取り扱い通貨であれば管理してもらう事が出来ますが、投資はあくまで自己責任であり預け先がハッキングや倒産になってしまうと預けている通貨が消失してしまう事が考えられる為、各ウォレットを携帯アプリ等で取得し各自で管理していくのが基本になります。

 

仮想通貨全般と申し上げましたが、元々仮想通貨はビットコインを軸に作られたわけですので殆どの通貨はこれらの技術が取り入れられているという事です。ただ、以前の記事で申した通りビットコインが始まりので、後から出来た通貨の方がグレードはもちろん良ですよね。そこで数ある仮想通貨の中で一番注目なのが、イーサリアムという事になります。

 

スマートコントラクト

 

イーサリアムとは、P2P(個人間)ネットワーク上で分散型アプリケーションスマートコントラクを備えたプラットフォームになります。分散アプリケーションとは、ネットで繋がっている複数の端末同士で通信を行いながらサービスを提供するプログラムです。

 

スマートコントラクトとは、契約条件をブロックチェーン上に記録し、契約を自動的に実行出来る機能であり、データの偽造や改竄といったリスクが改善されます。

 

POWからPOSに移行

 

ビットコインとの大きな違いとしては、現在ビットコインと同じく消費電力の消費が非常に高い(PoW)を採用していますが、将来的には環境に優しく消費電力の少ない(PoS)に移行する事や、送金時間でもビットコインは早くて20分、遅くて最大1かかったりとムラがあるのに対し、イーサリアムは4分~20分とかなり違いがあると言えます。

 

それは、今現在の仮想通貨市場で送金時間のムラがあるビットコインが、これからさらに活発していくであろう仮想通貨市場では対応仕切れなくることを物語っております。キャパオーバーという奴ですね。

 

またイーサリアムは、かの有名な海外の大企業「JPモルガン」「マイクロソフト」であったり、日本では「トヨタ」「三菱UFJフィナンシャルグループ」等が続々と参加してきている超有望な通貨なのです。

 

初心者用にイーサリアムを簡易にまとめてはみましたがあくまで私が説明したのは部分的なモノで実際はもっと奥が深いです。ただ、1つ言える事はこれからの仮想通貨業界の中で必ずといって良い程、中心的な存在になっくる通貨だと思われますので、私はイーサリアムをお勧めします。

 

ただ、投資するか否かは自己判断でお願いします!

 

次回では「リップル」について、私なりに初心者用として説明していきたいと思います。