色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

映画「フォーエヴァー・ヤング」の見どころ

※目次

 

前回紹介したブレイブハートに続いて、メル・ギブソンが主演を務める時空を超えたラブストーリーとなります。ダニエル(メル・ギブソン)の恋人ヘレ(イザベル・グラッサー)が不慮の事故に遭い、植物人間になってしまった事でいつ目覚めるかわからない状態になりました。

 

※ちなみに、意気地なしのダニエルはずっとヘレンにプロポーズ出来ていなくて今度こそは言おうと思った矢先の出来事であった

 

f:id:naoraou:20180909201719j:plain

 

恋人の予期せぬ出来事に激しいショックを受けたダニエルは天才科学者であるハリー(ジョージ・ウント)が開発した冷凍睡眠装置に入って仮死状態となり、ヘレンの目覚めに合わせて自分も装置から開放して欲しいとハリーに頼んだのでした。

 

しかし・・・。

 

<個人評価点>

満足度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆星8

<記事読了時間>

約4分

 

※1部ネタバレ有り

 

まさかの50年後

 

好奇心で勝手に空軍基地に侵入した少年のナット(イライジャ・ウッド)とその親友であるフィリックス(ロバート・ハイ・ゴーマン)はそこで偶然、冷凍睡眠装置を発見してしまいます。

 

f:id:naoraou:20180909201754j:plain

 

そして、勝手にナットが制御装置を操作した事によって、ニエルは装置から解放される事となりました。いきなり1人の男がカプセルから出てきた事で驚いた少年2人は、ダニエルを置いて逃げてしまいナットはカプセルから出てきた男の事を母親であるクレア(ジェイミー・リー・カーティス)に話しますが、信じてもらえないのでした。

 

解放されたダニエルは、しばらくして今が50年後だという事に気づいてしまい衝撃を受けます。また自分の体が50年前と全く変わっていなかったのです。

 

クレアとナット親子

 

ダニエルは、そのまま空軍基地に行ってウィルコックス中佐(デヴィッド・マーシャル・グラント)に事の詳細を説明しますが、全く信じてもらえませんでした。それに業を煮やしたダニエルは、とりあえずハリーを探す事を優先し、元恋人から暴力を受けていたクレアを助けてあげた事によって、クレアとナット親子の理解を得る事に至りました。

 

f:id:naoraou:20180909201812j:plain

 

一方、ダニエルを不審に思ったウィルコックス中佐は、ダニエルが言っていた冷凍睡眠装置を念のため調べに行った事で凍睡眠装置を発見します。そして、上層部に申告した事によって、アメリカ軍とFBIによるダニエルの追跡が始まってまいます。

 

ダニエルの体に異変

 

軍とFBIは、徹底的に冷凍睡眠装置を調べた結果50年前の装置なのに、今の時代の先端を行くハリーの技術力に感嘆しそのカギとなるダニエルの追跡にさらに力を入れます。

 

ダニエルは、引き続きハリーの行方を追いますが全く行方が掴めないでいました。そこで、急な発作がダニエルを襲います。クレアの恋人が医者であった事で、病院ににそのまま搬送されますが、ダニエルの体に異変が起き体が急激に老化が進んでいく事になったのです。

 

ハリーの死恋人ヘレンの手がかり

 

ウィルコックス中佐は、軍の科学者と協力してハリーが書いたダニエルの資料を発見し、徹底的に調べあげます。その結果、冷凍睡眠装置の欠陥に気付いたハリーが科学工場での不慮の事故により死んでしまっていた事、その後訪れる第二次世界大戦によって装置の存在が忘れ去られてしまっていた事が明らかとなります。

 

そして、病院を抜け出したダニエルはハリーの娘と接触する事に成功し、ハリーの死を知る事になります。また、ハリーの娘が幼少期に撮った写真に、恋人のヘレンが一緒に写っていたのです。さらに娘に問いただすと、自分が冷凍睡眠装置に入ってからしばらくして彼女は目を覚まし、今は故郷に住んでいてすっかり老人になっている事を知るのでした。

 

ようやくハリーの最後と恋人ヘレンの手がかりを掴んだダニエルは、自身も異変のせいですっかり体が老衰していき、ずと言えなかった50年越しのプロポーズを胸に、ヘレンの向かったのでした。

 

f:id:naoraou:20180909201840j:plain

 

こちらの作品もかなり感動すると思います。

 

ありえない話ではありますが、冷凍睡眠装置という発想も凄く斬新で良いと思いますし、不器用だが恋人への熱い思いを持ったダニエルの姿が浮かんでくるそんな映画だと思われます( ゚Д゚)

 

www.naoraou.com

 ※メル・ギブソン映画の前記事