色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

簡易三国志 呉編 「孫権」 ~夷陵の戦いと石亭の戦い~

※目次

孫権呉王に就任と夷陵の戦い

 

荊州を劉備から奪った孫権は、曹操の後を継いだ曹丕に接近しました。魏を建国した曹丕の皇帝就任を認め、形だけ臣下の礼を取り曹丕から呉王・大将軍の地位に封ぜられ魏との友好関係を築きます。また劉備も曹丕の皇帝簒奪に対抗し、自ら蜀漢として皇帝を自称しました。ちなみに、劉備が皇帝に即位し最初に口にした言葉は「呉の征伐」であると。

 

そして、呉が怖れていた事が現実化してしまいます。222年諸葛亮や趙雲ら重臣の反対を押しのけついに関羽の仇討ちと孫権討伐を名目に劉備が75万の大軍を引き連れ東征を開始します。

 

劉備東征の報せを聞いた呉は、混乱に陥りさすがの孫権もこれには狼狽し、荊州の返還を理由に劉備に和議を申し入れたり関羽を裏切った傅士仁・麋芳や劉備と同じく呉の討伐に燃えていた張飛を寝首によって殺害した范彊・張達らを劉備の元へ送りましたが、劉備の闘志は凄まじく「荊州は力づくで取るまでだ。4人は斬首して弟達(関羽と張飛)の墓前に供えしろ」と孫権の要請に全く耳を傾けようとしません。

 

追い詰められた孫権もこれにはやむを得ず、一族の孫桓を総大将に任命し兵5万を与え劉備を迎え撃たせます。しかし、劉備の勢い凄まじく孫桓はあっという間に蹴散らされ夷陵城に逃げ延びる有様となりました。孫桓の敗北を聞いた孫権は焦り、援軍として韓当・周泰・甘寧と呉の古参の宿将達に10万の兵を与えこの3人に全てを託します。

 

援軍として駆け付けた韓当・周泰・甘寧も蜀の五虎大将軍の黄忠の罠にかかり、黄忠を打ち取る事は出来たモノの甘寧が戦死し、兵も七割以上失うという結果に終わります。全てを託した韓当・周泰・甘寧の敗北を聞いて諦めかけた孫権に幕僚の闞沢がある人物を推薦します。

 

その名は「陸遜」

 

陸遜といえば呂蒙が関羽を討伐した際に、呂蒙にれ知恵して呉に勝利をもたらした人物ですが、呉の中では地位や名声が低く呂蒙が病死した後も1書生として慎ましく生活しており全く目立つ人物ではありませんでした。ただ、孫権は以前呂蒙から「陸遜は天下の奇才」と聞かされていた事を思い出し、陸遜を大都督に任命し全てを掛けてみることにしました。

 

劉備軍に打ち負かされ亀のように引きこもってい韓当・周は、大都督の陸遜が援軍として駆け付け初めて顔を合わせると陸遜を馬鹿にし軽んじてしまいます。戦地に付いた陸遜は、早速蜀の布陣を見て持久戦を主張し、戦機を伺う方針にでます。

 

この方針に納得のいかない韓当・周泰は、陸遜のに従わず勝手な行動を取るようになり、挙句の果てには勝手に出陣するまでに至り、結果蜀に敗北し両名は陸遜に殺されそうになりますが、今後は勝手な行動は慎むとし両名は一命を取り留める事となります。

 

ひたすら守りに徹する陸遜に劉備も攻めあぐね時間だけがいたずらに過ぎていきました。そして、夏を迎えた頃劉備軍では、猛烈な暑さと遠征による兵士達の疲れにより疫病が流行ってしまいます。これを見かねた劉備は、暑さ対策の為少しでも涼を取ろうと陰が出来る木の下や茂みに陣を移しました。

 

陸遜はこれを待っていたのです。

 

劉備軍が陣を移す報せを聞いた陸遜は、天に向かって「これで蜀を撃退出来る」と言い、早速火薬・油・柴等を用意させ軍議を開き「劉備を生け捕れ」と皆に合唱させます。そして劉備軍に一斉に火攻めで襲い掛かりありとあらゆるモノを燃やし尽くし、劉備軍も今まで殻のように閉じこもっていた呉軍の来襲と凄まじい火攻めにより大混乱に陥り、潰走してしまいます。

 

命からがら白帝城に逃げ込んだ劉備ですが、この戦で劉備軍の全盛期であった戦力の8割以上を失うという大惨事に至り、近くまで手繰り寄せた漢朝再興の夢も大きく離れていってしまう事になりました。そして、劉備は敗戦による心痛で倒れそのままあの世へ逝ってしまいます。享年62歳

 

孫権はこの戦に勝利した事で、荊州の領有権を蜀に完全に認めさせ、劉備の意志を引き継いだ諸葛亮により孫劉連盟の復活も実現する事となります。

 

魏からの侵攻

 

蜀を撃退し呉に平和が訪れたのは束の間、友好関係を築いていた魏が突如裏切り3方向より呉に来襲してきたのです。陸遜も蜀の討伐を逸る韓当・周泰をよそに、曹丕の動きが気になるので全軍をまとめ荊州に帰還します。この陸遜の機転が功を奏し荊州で曹休を撃退する事に成功し、濡須口でも桓が曹仁を撃退する事に成功します。また、魏の陣中の中で疫病が流行った事もあり魏軍は撤退します。

 

224年、今度は曹丕直々に呉に40万の大軍で来してきます。陸遜は荊州にいて身動きが取れない為、孫権は徐盛を総大将に抜擢します。そして、盛は長江沿岸に偽の城壁を築き魏軍を困惑させ、呉の備え十分と見た曹丕は前回の敗戦の教訓もあって戦わずして撤退します。

 

続いて、魏の来襲に呼応した交州の士徽が反乱したので、孫権は呂岱を派遣し鎮圧に成功します。226年曹丕が死んだ事によりこれを好機と見た孫権は自ら江夏に進軍し、諸葛瑾は襄陽に進軍と2手に分かれて魏領を攻めましたが、司馬懿の策略にかかり敗退してしまいます。

 

石亭の戦い

 

228年、呉の重臣の周魴が魏の曹休の元へ偽りの投降をします。周魴は20年以上も呉に仕える重臣で当時曹休の参軍として随軍していた司馬懿と賈逵はこの偽りの投降を見抜いておりましたが、曹一族で大司馬であった曹休はプライドばかり専攻していて臣下を見下しており、忠言を聞き入れようともしませんでした。

 

結果、裏で陸遜とやり取りしていた周魴の罠にはまってしまいまんまと石亭に誘い込まれ、陸遜・朱桓・全ソウの前に兵の半数以上を失うという大敗を期してしまいます。

 

司馬懿・曹真ら共に、臨終の曹丕に息子の曹叡を補佐してくれと頼まれていた曹休は、この敗戦の後深い心痛に襲われ背中に大きな腫物ができ、その傷が破傷風となってこの世を去ってしまいます。

 

www.naoraou.com

 ※呉編「孫権」の前記事

 

 

www.naoraou.com

 ※呉編「孫権」の次記事