色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

映画「ラストサムライ」の見どころ

※目次

 

大ヒット映画であるトップガンやミッション:インポッシブシリーズでおなじみのトム・クルーズ演の侍映画となります。そして、サブには渡辺謙真田広之小雪といった日本を代表する俳優陣で構成されており、当時では世界的に注された作品となっております。

 

この映画の見どころとしては、仕事で初めて日本に訪れたイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)が、当時開国して間もない後進国日本と母国アメリカとの文化の違いに戸惑いを感じ、自らが率先して色々と教える立場になった場面未だ古い風習で生き続ける勝元盛次(渡辺謙)の生き様騎馬隊を率いてカッコいい登場シーンを演出した氏尾(真広之)でしょう。

 

f:id:naoraou:20180914205350j:plain

 

※1部ネタバレ有り

 

時は明治時代初期

 

アメリカで南北戦争が勃発した時に北軍大尉として活躍したネイサンは、戦争では南に勝ったモノの戦中であったとはいえ無関係の人々まで殺してしまっ事を深く後悔し、それを紛らわすかのように酒浸りの毎日を送っておりました。

 

そんなネイサンに気を使ってか上司であるバグリー大佐が、日本の大臣である大村をネイサンに紹介しネイサンに転機とも言える機会を与えました。

 

大村は、開国して日が浅く急速に近代化が推し進められている日本において「近代兵器の取り扱い方が全く浸透していない」事を懸念していた為、ネイサンに高額の褒賞と引き換えに軍隊の訓練指揮官の任を依頼し、ネイサンはこの依頼を受ける事にしたのでした。

 

勝元盛次との出会い

f:id:naoraou:20180914205447j:plain

 

日本に降り立ち早速訓練指揮官の任についたネイサンは、が扱えない日本の軍隊のレベルの低さに唖とし、1から全てを教えていく必要があった為、軍隊の訓練に没頭します。

 

また、明治政府が「廃刀令」を定めたにも関わらず未だに刀や槍に固執する団体が存在していました。その1つが勝元盛次率いる「反政府軍」でした。そして、勝元が吉野の鉄道を襲った事がきっかけで府軍に属するネイサンと勝元率いる反政府軍が衝突します。

 

f:id:naoraou:20180914205518j:plain


そして、ネイサンは勝元率いる反政府軍に敗れてしまい捕らわれてしまうのです。

 

日本の文化に心酔

 

捕らわれたネイサンは、殺される事なく勝元の妹・たか(小雪)に傷の手当てを受けます。しばらくして傷が癒えたネイサンでしたが外には、雪が積もっていた為、勝元に「雪解けまで村に滞在されるが良い」という言葉に甘える事にします。

 

f:id:naoraou:20180914205636j:plain

 

ついこの間まで斬り合った者同士なのに、その敵に対して優しさを忘れない日本のスピリットに、ネイサンは深く胸を打たれてしまい、さらに村に滞在する事で日本の武士道や人間性を目の当たりにしたネイサンは、心から日本の文化に心酔してしまうのでした。

 

勝元との親交とネイサンの決断

 

「ここは異世界なのか」と思えるくらい日本の文化にうっとりしたネイサンは、村の祭りにも参加します。ところが、然敵の刺客が勝元を襲ったのでした。

 

間一髪ネイサンが勝元を救った事により、お互いに信頼関係が深まっていく事になり、村一番の腕利きである氏尾(真田広之とも仲が良くなっていきます。

 

しかし、そんな平和も束の間で終わってしまうのです。

 

雪が解け政府に戻ったネイサンの元に、廃刀令に全く従わない勝元に業を煮やした政府高官が勝元を呼び寄せ、帯刀して現れた勝元に政府は切腹を命じのです。

 

慌ててネイサンはそれを止めに入りますが、勝元は政府に徹底抗戦を主張勝元と日本の武士道に心惹かれたネイサンは政府を見限り勝元に助力する事になったのです。政府軍はネイサンがいない間に急な成長を見せ、見間違えるくらいに訓練されていました。

 

果たして、近代兵器を持つ政府軍に、ネイサンや勝元が掲げる武士道を貫く事が出来るのでしょうか。

 

f:id:naoraou:20180914205745j:plain

 

圧倒的不利な状況で奮闘するネイサンと勝元、騎馬隊を引き連れ突撃を仕掛ける氏尾は凄く格好良かっです( ゚Д゚)

 

トム・クルーズの主な代表作

 

トップガン

レインマン

ミッション:インポッシブルシリーズ

マイノリティ・リポート

ザ・マミー              等