色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

大ヒット作「項羽と劉邦 Kings War」 第43・44・45話を斬る

※目次

 

群雄達の策略編・・・。

 

f:id:naoraou:20190911210739j:plain


 

第43話 咸陽からの撤退

f:id:naoraou:20190915211158j:plain

※魏豹
 

秦兵の助命を項羽に懇願していた章邯(ショウカン)でしたが、その願いも虚しく秦兵20万人全てが生き埋めにされてしまい「己が楚に降伏してしまったからこのような結末に至ったのだ」と自責の念にかられてしまいます。またその頃、項羽の護衛兵を務めていた韓信は項羽の残虐非道な行いに見切りを付け、懇意にしている鐘離眜(ショウリバツ)に別れを告げて楚の陣営から出奔したのでした。

 

一方、咸陽で秦を滅ぼしてから有頂天になって遊び惚けていた漢の劉邦でしたが、自軍の要所である嶢関(ギョウカン)が項羽の襲来を受けた事によって一変し、咸陽が慌ただしくなってしまいます。さらに、旗揚げ当初から自分に付き従っていた曹無傷(ソウムショウ)が部下同士のいざこざで腹を立て、楚に内通してしまうのでした。

 

漢軍の現状を危惧した張良は、必死に劉邦を諫めますが「項羽とは、義兄弟であるから我々を襲うはずがない。秦を滅ぼした我々が富貴を楽しんで何が悪い?」と言われ、すでに天下取りへの大志を失っている劉邦に愕然とし、咸陽から離れて出奔しようとしましたが、蕭何(ショウカ)が懸命にそれを阻止してきたので一旦思いとどまったのでした。そんな時、項羽の叔父である項伯が張良の幕舎へと訪れてくるのです。

 

第44話 鴻門の会

f:id:naoraou:20190915211304j:plain

※薄姫
 

項伯は、張良に「曹無傷から今が攻めるチャンスであると告げられた甥の項羽が劉邦を攻める決断を下した!私と一緒に楚の陣営に逃げるのだ!」と言います。過去に一度、張良に命を救われた事がある項伯は、その恩義を返そうと一人で張良の幕舎を訪れたのでした。しかし、張良は恩義のある劉邦を見限る事など出来ず、拒む項伯に対して強引に劉邦と蕭何をくっ付け、項羽への仲裁を依頼したのでした。

 

劉邦、張良、蕭何の3人に囲まれ断れなくなった項伯は「必ず甥を説得して話し合いの場を作る」と約束し、その場を後にしました。これが世に名高い「鴻門の会」です。そして、項羽の幕舎に戻った項伯は懸命になって項羽を説得し、劉邦との話し合いの場を設けたのでした。ただ、范増は以前として「劉邦を宴席で殺してしまうべきだ」とし、項羽もこの時点では劉邦を殺すつもりでした。しかし・・・。

 

宴席が始まってしまうと劉邦の咸陽での行いに対して范増が4つの説(察せられず、臣たらず、仁たらず、義に欠ける)で劉邦を責め立て窮地に追いやり、項羽に殺させようとしますが劉邦が毅然として反論してきたため、項羽は劉邦の殺害を取り止めます。さらに劉邦は「咸陽にある財は、全て無傷で全て項王(項羽)のモノです。項王に逆らうつもりはありません!」と項羽を安心させました。意思のはっきりしない項羽に呆れた范増は、今度は項羽の一族である項荘に宴席の場で剣舞を披露するよう命じ、独断で劉邦の殺害を企てます。

 

しかし、ここでも項伯が劉邦の盾となって項荘の剣舞の邪魔をしてきたので劉邦を殺害する事が出来ません。さらに、劉邦の右腕である猛将・樊噲(ハンカイ)も宴席に加わってきたので劉邦の殺害が難しくなってしまうのでした。

 

第45話 咸陽炎上

 

宴席の場で身の危険を察知した劉邦は、厠に行くと言って宴席を後にしそのまま漢の陣営へと馬を走らせます。劉邦が逃亡した事を知った范増は、英布に命じて劉邦に追っ手を差し向けましたが捕まえる事が出来ませんでした。こうして鴻門の会は、幕を閉じるのです。范増はその後、怒り狂って「小僧(項羽)とは、計り事が出来ぬ!」と言って杖を床に叩きつけたそうです。

 

軍営に命からがら逃げ延びる事が出来た劉邦は、蕭何から曹無傷が書いた楚への密書を手にし、その場に曹無傷を呼び付けます。そして、曹無傷に事実を吐かせると旗揚げ当初から運命を共にしてきた盧綰(ロワン)や樊噲(ハンカイ)らの怒りが爆発してしまい、皆で一斉に曹無傷を刺殺したのでした。

 

その頃、咸陽へと入城した項羽は楚を滅ぼして武力で中国を統一した秦の始皇帝のやり方を批判します。また、咸陽に各諸侯を集め論功行賞を行い自らを「楚の覇王」と位置付け、各諸侯の盟主となります。ただ、意外な事に「秦が滅んだ今、戦を止めて我々は故郷に戻るべきだ」と項羽は発言し、天下取りの意志が無い事を明らかにしました。

 

項羽の言葉を聞いて楚による天下統一を切に願っていた范増は、言葉を失ってしまいます。さらに項羽は「秦王やその一族を根絶やしにし、秦が築いた咸陽を焼き討ちにしないと楚の仇討ちが果たされない」とし、秦王とその一族の殺害と咸陽の焼き討ちを決行します。そんな事をしたら項羽の名が地に落ちてしまうと同時に秦に一度投降を許した劉邦の名が天に昇ってしまうであろうと范増は猛反対しますが、項羽は一切耳を貸さず決行してしまうのでした。こうして秦兵20万人の皆殺しに続き今回の一件で項羽の名が完全に地に落ちてしまい、中国全土に暴君のイメージを植え付けてしまうのでした。

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の前記事

 

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の次記事