色んなアンサー

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

大ヒット作「項羽と劉邦 Kings War」 第10・11・12話を斬る

※目次

 

乱世の始まり篇・・・。

 

f:id:naoraou:20190717201853j:plain


 

第10話 二世皇帝即位

f:id:naoraou:20190730204037j:plain

※項梁
 

秦の国では、始皇帝が崩御し宦官の趙高(ちょうこう)の謀略によって始皇帝の末子である胡亥(こがい)が二世皇帝となりました。また、胡亥を幼少の頃から教育していた趙高にとって胡亥は傀儡の対象となり、自分の思うがままに朝廷を牛耳る事が可能となったのです。

 

その結果、秦を憂う忠臣達のほとんどは趙高によって粛正され、朝廷内でも趙高の顔色ばかり窺ってしまう佞臣達で溢れかえってしまいます。さらに、趙高は絶大な権力を誇示する為にも胡亥を政治の世界から追い出してしまい、好き勝手やりたい放題となってしまうのでした。

 

そんな中、趙高によって殺されてしまった始皇帝の太子・扶蘇(ふそ)の子である子嬰(しえい)とその姉である晨曦(シンギ)は、父が趙高の謀略によって殺されてしまった事実を知りながらも隠蔽を貫き、趙高からの粛正を避ける為にも父を殺された怒りを抑え、静かに秦の行方を見守る事を決意します。それは、趙高への反旗を翻すチャンスを待つ意味でもありました。

 

第11話 赤帝の子

f:id:naoraou:20190730204138j:plain

※項伯(三国志では、許攸役)
 

秦の労役に駆り出された劉邦一味は、村の囚人達を引き連れ秦の都である咸陽へと向かっておりました。それは、途中で村に帰っても殺される道中で1人逃げただけでも殺される約束の期日に遅れても殺されるといった過酷な任務と掟がありました。おまけに食糧もない状態に陥った劉邦一味は、途方に暮れてしまいます。

 

そんなある日「リーダーである劉邦とは、一体どんな人物なのか?」という話題で盛り上がります。するとそこにいた劉邦の弟分である盧綰(ロワン)や樊噲(ハンカイ)が「兄貴は昔、剣を片手に白くて大きな大蛇を一撃で殺したんだ!その後、謎の老婆から白い大蛇(白帝の子)を殺したお前は、赤帝の子だ!」と言われたそうな。その事から「只者ではないと思った俺達は、劉邦兄貴に付いていくと決めたんだ!」と。

 

それを聞いていた紀信という男は「それは、明らかに作り話だろ?」と盧綰と樊噲に突っかかりますが、当てもない、身寄りもない、自分の生死さえも分からず不安に駆られる皆を思ってそんな気分を紛らわす為にも盧綰と樊噲が演出した優しさだったのです。また、この場にいる皆で劉邦を中心にまとまっていこうといった思いもありました。

 

第12話 蕭何からの手紙

 

地獄の旅を続ける劉邦一味でしたが、ついに脱走者が出てしまいます。これによって例え咸陽に着いたとしても斬首されてしまう事が確定した劉邦一味は、深く悩んだ挙句この場で蜂起して皆で自分の村に変える事を決断します。進んでも退いても殺されてしまう絶体絶命の危機・・・。もはや頼れるのは、運のみでした。

 

劉邦は、自分達を見張っていた秦の警護兵を血祭りに上げ「俺に付いて来たい奴は付いてこい!そうじゃない奴は、勝手にしろ!」と言ってその場を後にしたのでした。すると、皆が劉邦に付いていく事を決断したのです。後ろを振り返った劉邦は、思わずその光景を見て言葉を失ったのでした。

 

劉邦は、とある山で自分達の住処を作りました。また「自分達を裏切った人間は死罪とする」といった簡単な掟も作ります。しかし、深刻な食糧不足に見舞われてしまったので村に帰還する事を決断します。ただ、その前に立ちはだかるのが秦の掟である「途中で村に帰ったら死罪である」でした。そこで劉邦は、自分の村に住んでいて親友でもある沛国(はいこく)の役人・蕭何(しょうか)に頼るしかありませんでした。蕭何も劉邦が村に向かって来ている情報を夏侯嬰(かこうえい)から聞き、ここで画策して劉邦宛に手紙を送ったのでした。

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の前記事

 

 

www.naoraou.com

※楚漢戦争の次記事