色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

これから仮想通貨をやろうと思っている方へ Part10 ネム編

※目次

 

こちらの記事では、日本人大好き「ネム」について私なりに説明させて頂きたいと思います。

 

f:id:naoraou:20180803193912p:plain

 

 

ネムとは

 

ネムといってすぐ思いつくのが2018年1月に起きた「コインチェック」取引所での「ネムハッキング事件」になるのはないでしょうか。実はこのハッキング事件、ネムが悪いわけではないんですよね。

 

コインチェックのセキュリティそのものが甘くそのさを狙ったハッカーによって攻撃されたのです。被害損額は、約580億円分のネムが流出するまでに至りました。この事件がきっかけでコインチェックは業務停止命令を喰らい想通貨業界にも各投資家にも大きな衝撃を与えました。実際、被害損額も回収出来ておりません。このような経緯もありネムハッキング事件は、2018年初頭から仮想通貨市場暴落の大きな要因の1つともいえます。

 

そんなネムではありますが、通貨としては一体どんなモノであるのか・・・

 

まずネムとは新しい経済圏を作る事を意味しておりもし今後の開発が成功すればあのリップルよりも速く取引が可能になるといった将来性の高い通貨になります。技術面もかなり複雑で多機能プラットフォームになります。

 

5000円ではじめる仮想通貨投資入門
by カエレバ

 

代表的なのは「POI」を採用している事

 

POIとは、Proof of Importanceの略称でイーサリアム編で説明したPOSを改良したモノになります。POSはビットコインのPOWよりも消費電力が低く環境に優しいのですが、使い勝手が良い為か「通貨を溜め込んでしまう」といった問題点がありその結果、通貨の流動性が低下してしまう可能性があります。そこで改良されたのがPOIになりImportance(重要度)の値が高いほど取引の承認権を得やすくなる仕組みになります。また、通貨の保有量だけでなく、取引の活発さも算出されるので流動性の低下をある程度防ぐ事が可能となります。

 

ネムのハーベストについて

 

ハーベストとは、ビットコインのマイニングのような取引承認作業の事です。

 

このハーベストにも大きく分けて2種類あり「ローカルハーベスト」「デリケートハーベスト」になります。

 

ローカルハーベストとは、自身でハーベストを行う方法でネム専用ウォレット「Nanoウォレット」に1万ネム以上保管する必要があります。次に保管したらパソコンを常にオンライン状態にして、自身に承認権が回ってきたらパソコンが作業を行ってくれますので、取引の承認を行うと手数料を受け取る事ができる仕組みとなります。

 

デリケートハーベストとは、スーパーノード(ネムのブロックチェーンをすべて保管しているモノ)にハーベストを委任し、報酬の1部を受け取る方法になります。条件としては300万ネム以上保有する事や常にインターネットに接続する必要がある等色々ありますが、その分ローカルハーベストよりも報酬が多くなります。

 

ネムで今一番注目されているカタパルトとは

 

「Zaif」取引所を運営する株式会社テックビューロ社によって開発されたプラットフォーム(migin)に対して、新たな改良と修正を加えるプロジェクト名となります。その改良修正には大きく2つのポイントがあります。

 

zaif.jp

 

1、取引スピードの強化

実装されれば、1秒間にトランザクション処理件数が4000件に達し、既存のクレジットカードに匹すると言われてます。

 

2、スマートコントラクトの取り入れ

イーサリアムにもあるスマートコントラクトがネムに実装される事により、※1で強化された取引スピードで契約行動が自動化する事により現時点で「最強の通貨」の誕生となります。

 

最後に、今現在ネムは日本の飲食業界の間で特に現在進行形です。実際、ネム決済できる店舗が100件近くまで達しているとかいないとか。ビットコインに関しても日本のビックカメラやDMM等でも決済できます。この内容だけでも察しできるように、スウェーデンのように「日本でも完全なるキャッシュレス時代の到来」がそう遠くないのかもしれません。

 

www.naoraou.com※仮想通貨情報の前記事