content="width=device-width, initial-scale=1">ice-width">

色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

怖い話第2弾「先輩の部屋にて」

※目次

 

高校を卒業した私は、以前から大阪に行ってみたい事もあっ

て大阪の某大学に入学する事になりました。

そして、田舎育ちであり大阪に友達も知り合いもいない私は

入学して最初の1年間は「大学の寮」で生活する事にしたの

です。

 

寮では私と同じ地方出身者がほとんどであった為、周りとは

すぐ意気投合し友達もすぐに出来ました。あえて不満を上げ

るとしたら部屋の壁が薄く隣からの声が漏れてしまう事や女

人禁制(母親ですら許可がいるくらい)な所でしょうか。

ただ、大学の寮なんて何処もそんなモノで寮での生活はすぐ

に慣れてしまいました。

 

また、寮での先輩後輩といった上下関係もほとんどなく親切

な人ばかりで、その中でも愛知県出身の克俊さん(1歳上)

とは凄く仲良くなりました。麻雀やゲーム、合コン等と克俊

さんとは色々遊びましたね。今回の怖い話は、そんな克俊さ

んにまつわる話になります。これも実話でかなりえげつない

のでここから先は勇気を出して読んでみて下さい・・・。

 

f:id:naoraou:20180926211037j:plain

 

※怖くて眠れなくなっても、責任は取れません(__)

 

1年後

 

寮生活を終え大学2回生になった私は、吹田市で1人暮らし

を始めました。寮で出会ってから交流を深めた克俊さんも寮

生活を2年で終え茨木市で1人暮らしを始めていました。

 

寮を出た2人でしたが依然として仲は良くお互いの部屋に遊

びにいったりもしていました。仲間を集め麻雀にゲーム、車

で心斎橋の三角公園辺りにまで出動し、女の子をナンパして

引っ掛けたりクラブに出入りしたり等(笑)

 

そして、ある日。

私の家で夕方くらいから酒でも飲みながらゲームでもしよう

という事で約束していた日に、それが起こってしまいます。

 

ここから先は克俊さんの体験談を元に再現していきます。

 

人身事故

 

その日克俊さんは、昼に起きてそのまま食べ物を買いに近く

のコンビニまで歩いて行ったそうです。

そして、コンビニに向かう途中に踏み切りがありその近くま

で差し掛かった時。

 

f:id:naoraou:20180926210943j:plain

※実際の現場ではなくイメージ像です

 

電車の強烈なブレーキ音と周囲の人達の悲鳴が鳴り響いた

うです。その2、3秒後に電車にひかれた男性の生首が克俊

さんの目の前に飛んできたのでした。そして生首と目が合っ

てしまった克俊さんはその生首に「見るな!」と大きな声で

吠えられたそうです。

 

都市伝説なのかはわかりませんが、胴体と首が離れても少し

の間だけ頭には意識があるそうです。余りの怖さに震えあが

った克俊さんはそのまま自分の部屋に逃げ込んだそうです。

 

不気味なノック

 

家に帰った克俊さんでしたが、全身の震えが収まらず頭の中

ではその生首がずっとぐるぐる回っていたそうです。

そして、怖くてどうしようもない克俊さんはそのまま布団に

包まっていたそうです。

 

すると、窓からノックが聞こえてくるのでした。克俊さんの

部屋は3階にあり玄関ではなく窓からノックされる事なんて

まずありえません。

 

鳴り続けるノック・・・。

 

これはやばいと思った克俊さんは、窓の方を見ず傍にあった

携帯電話で私に電話してきたのでした。

 

克俊さん失神

 

克俊「やばいからはよ来てくれや!」「何がですか?」

克俊「いいからはよ来いや!プッ・・・プープープー」

 

内容は良くわからんけど克俊さんに異変があったと思った私

は、駐車場へ急ぎ車で克俊さんの家へ向かったのでした。し

かし、吹田から茨木なので20分弱はかかってしまいます。

 私と電話した後の克俊さんは、再び布団の中に包まっていま

した。一向に止まないノック。そして、しばらくしたらその

ノックが無くなります。

 

すると、今度はそれが足音に変わったそうです。しかもその

足音が自分の元へどんどんと近づいてくるようでした。やが

自分の傍で何かを感じた克俊さんの恐怖はピークに達して

しまいます。

 

そして、強烈な何かで布団を目繰り上げられた克俊さんが見

たモノとは・・・。

 

それは、踏切で目にした胴体がない「生首」でした。しかも

その首が目の前まで接近してきたそうです。

 

克俊さんは、思わず「ぎゃぁぁぁぁぁ!」と叫んでそのまま

失神してしまいます。

 

しばらくして克俊さんの元へ駆けつけた私は、失神している

克俊さんを平手打ちした事で彼は目覚めここまでの経緯を聞

事になります。部屋を見る限り窓を開けられた形跡もなか

ったのですが、尋常じゃない程怯えている克俊さんを見て私

は確信に至ったのでした。

 

その後、塩を買いに突き合わされ部屋の四隅に盛り塩を設置

した克俊さんでした。この話を信じるか信じないかは貴方次

です( ゚Д゚)