色んなアンサー

筆者であるnaoraouが色んな分野に挑戦し、私なりの答えを出していくブログです!

これを実行すると第一印象を良くする事ができ、人からも一目置かれる人間になれる

※目次

 

人生は生きていく中で、色んな人間に出会います。それは、家族に始まり友人・恋人・職場の人間等と実に様々です。この人間関係というモノは、人生において非常に難しいモノでこれが正解と言えるモノは無いのかもしれません。あえて言うなら「何が結果的に良かったか」「何が結果的に悪かったか」が重要になると私は考えます。

 

人間関係に密接に関係する「目からの情報」

 

ここで1つの例を上げると、人間関係の中の1つに「第一印象」というモノがございます。これは相手の情報が最初は目から入ってきて、後から口や耳が響してくることを現してますが実はこの第一印象が非常に厄介なモノになるのです。

 

それはなぜか?

 

人間て最初に付いた第一印象は、よっぽどのことでない限りす事が難しくなるかもしれないことと、その付いてしまった第一印象で自分が今後付き合っていく事になるかもしれいからです。1度イメージが付いてしまったら勝手に自分で相手の像を作ってしまいますし、これは全ての人間関係に当てはまると言えます。

 

もし、第一印象を悪くしてしまったら自分自身が後悔する事になり、自分の悪いイメージが付いてしまった相手と接し辛くなります。友人に自分は馬鹿とイメージが付いたら、馬鹿にされますし職場の上司に自分は遅刻癖があると思われたら、遅刻癖のイメージが付いてしまいます。そうなってしまったら、すごくやりづらいしストレス溜まりますよね。

 

悪いイメージの例で挙げると、貴方が最初初めてあった人にだらしない態度で接し、貴方の言動から幼稚で空気の読めない発言を相手にしたとしたら、それが貴方の第一印象として相手に根付いてしまいます。逆に貴方が相手の人からだらしない態度で接しられ、幼稚で空気の読めない人と相手から感じたら同じようなイメージを相手に抱きますよね。上記でも申し上げましたが、これは情報が目から始まり口や耳に影響してきているといえます。

 

顔が良い人って単純に「モテやすい」といったプラスの要素がありますが、それは第一印象にもいえます。目から情報が入ってくるので普通に考えて初めて会った人が容姿の悪い人よりも、容姿の良い人の方が好感持ちますよね。

 

でも、人間の顔は千差万別で良い悪いは必ずあります。今更嘆いても無駄な事は、だれでもわかっている事です。要するに何が言いたいかというと、言葉が悪いですが容姿に自身が無い人程、第一印象に気を配らなければならないという事です。

 

では、第一印象をどうすべきか?

 

容姿が良い悪い関係なく「謙虚」「素直」「何事も適度」である事が一番大事です。容姿に自身が無い人なら尚更です。服装と身だしなみをしっかり整えあまり喋りすぎず聞き上手なくらいで接するのがベストと思います。あまり喋り過ぎると必ずボロが出てきますから。

 

後は、相手の言動に対してきっぱり否定するのではなく、補足する形で答えてあげれば、相手も気分を害すことなく会話する事が出来ます。あとは「自分がされて嫌な事を相手にするな」ということです。自分はこうされたいと相手の気持ちになって考えると、それが確実に正解だとは断言しませんが、その場を壊す事はまず無いと思います。

 

これはどの初対面でも当てはまりますが、職場での例を上げますと謙虚な人であれば上司も扱いやすいですし、素直であれば可愛がりますし控えめに会話すれば気分を害す事もありません。私なりの第一印象への見解ではありますが人と接する時(特に初対面)はいつも以上に慎重に取り組む事が重要だと思います。

 

そうしないと上記でもありますように、自分自身がやりづらくなったりストレスを感じたりであったりと、結果的に自分自身の首を絞めることにも繋がりかねませんので。

 

続いて、人から一目置かれる方法として

 

私が考える人から一目置かれるという事は、人からの信頼でもあり外敵から守るシールド(盾)でもあという考え方です。

 

例えば仕事で新しいプロジェクトが発表されリーダーに自分が任命された場合、それは自分への信頼であったり会社から一目置かれているからだと言えますし、仕事で何かミスっても「あいつだから大丈夫だ」とミスという外敵から、一目置かれているというシールド(盾)が自分を守ってくれているという事です。

 

これは、恋愛でも同じです。例えば、他の女の子と会ってても浮気は絶対しないという信頼があるから彼女が怒らず会えるわけですし彼女と喧嘩して決まづくなっても、でも本当は、自分に優しくて良い所があるのを彼女は知っているから自分の事を許せるというシールドが、別れから自分を守ってくれるわけです。これも相手の事が好きであるのと同時に相に一目置いているという事になります。

 

では、人から一目置かれる為にはどうすべきか?

 

それは人に対して「気持ち」「行動」「責任」が一番大事であると思います。

 

仕事への情熱(気持ち)があるから職場に一目置かれるし、積極的に率先して業務(行動)するから一目置かれるし、与えられた仕事を責任を持って果たすから一目置かれるわけです。やる気がない、ダラダラしている、仕事が適当だと一目の置きようがないですよね。

 

恋愛でも好き(気持ち)があるから相手に伝わり一目置かれるし、好きという感情が行動にもあるからそれが伝わり一目置かれる事に繋がってくるし、彼女を守るという責任感が彼女に伝わるから一目置かれるのです。

 

恋愛と一目置くことは一見違ったようにも見受けられますがそれは捉え方の問題であり、密接に関係していると私は思います。人を好きになるためには、まず一目置きますよね。

 

分かって頂けましたでしょうか?

 

人間関係はとても難しいです。ただ、私なりの考えではありますし、これらが全てではもちろんありませんが、それぞれポイントは必ずあると私は思います。是非参考程度に受け止めて頂いて、今後に活かせるモノがあったら活かせていって欲しいと思います(__)